使い方 給湯器の寿命

給湯器(家庭用ボイラー)の寿命が20年だと思っている人に驚きの真実を教えます

更新日:

リンク広告

給湯器の寿命をしっかり理解していない人は多いのですが、知らないのは仕方ないことだと思っています。

そもそも給湯器なんて身近すぎて目の届かない存在ですし、そういう仕事にでも携わっていない限りは、正確な寿命・耐用年数を知っている人は少ないです。

 

問題は「現実とは大きく隔たりがあることを勘違いしている場合」で、たまになんですけど「給湯器って20年持つんじゃないの?」って言ってくるお客さんもいるんですよね。

 

そこで本記事では「給湯器(家庭用ボイラー)の寿命が20年だと思っている人が多い件」について、なぜそのような勘違いが起こっているのか、そして事実はどうなのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

給湯器の耐用年数・寿命は?

給湯器の耐用年数・寿命は、約7年~10年です。

これは私たちプロの修理人がお客さんに案内しているセオリー通りの答えであるのと同時に、メーカーから「そうやって答えなさい」と指導されている内容でもあります。

 

統計的に見れば、無故障で1度も修理せずに10年を迎えることができる本体は、かなり少なくなってきました。

入居者が入っているとは限らないマンションやアパートに付いているような機械を除けば、直圧タイプの石油給湯器で故障無しの10年選手は、もう幻と言ってもいいくらいの存在です。

 

まぁこの寿命という言葉を、どういう意味で使うのかによってもまた意味が変わってくるのですが、私たち修理のプロからすると、寿命というのは「修理などのメンテナンスが必要になる時期」を意味しています。

 

例えは悪いですが、もし年を取った人間が「耳が聞こえにくくなってきた」というときに、もし新しい耳と交換できたらどうでしょう?

耳を交換することで、しっかり耳が聞こえるようになりました。

じゃあ「この先、まだ10年や20年生きられる」と言えるでしょうか。

そういう可能性も当然ありますが、多くの場合は「今度は耳以外の部分が悪くなってしまう」ということが予想されるでしょう。給湯器も一緒です。

 

最初の故障が来ることが多い時期が7年~10年であり、それを直したところで今度は別の部分が悪くなる可能性があります。

だから、この時期を寿命としているんです。

給湯器は人間とは違うので「修理すればまだ使えるけど、このあと次々壊れてしまう可能性を考えたら、いっそ新しいものに交換した方がいい」という考えが出てきます。

そのラインが「約7年~10年に多い」という話です。

 

一昔前であれば、給湯機能だけのガス給湯器であれば15年選手を多く見たのに対し、最近の風呂機能付きの給湯器は10年間、何事もなく使用できることの方が珍しくなってきました。

 

 

給湯器の寿命は20年という勘違いについて

給湯器の寿命は使用環境によって大きく変わる

私は現在アパートで独り暮らしをしているのですが、ここには1995年製のガス給湯器が現役で取り付けられています。

実際にまだバリバリ動けているわけですけど、2018年現在、この給湯器の寿命は23年以上になるのでしょうか?

 

分かりやすく、極端な話をします。

お家を建ててすぐに海外への転勤が決まり、家をそのままにして海外へ飛び立ち、20年後に日本に戻ってきてその家に住み始めたとしたら、その時点で給湯器の寿命は20年+この先使用できる期間なのでしょうか?

 

よくアパートやマンションなんかで「ここの給湯器は20年以上使えた」とか普通に言う人がいるんですけど、そういう場合は毎日使用しているようなご家庭と比べて、使用時間が少ないことが多いです。

賃貸物件であれば未入居の期間もあるでしょうし…。

そういう特例を含めて、給湯器の寿命は20年っていうのはナンセンスじゃないかなぁと思うんですよね。

 

一昔前の情報を今も同じだと思っている

これが1番多いように思います。

世界では、未だに日本人が「ちょんまげ&刀」だと思っている人も少なくないって言いますし…(←それは違う)。

 

ハッキリ言って、昔によく使われていたバランス釜タイプ(浴室内に設置されていて、お風呂の追い炊きとシャワー&カランが使えるタイプ)は、20年くらい使えるものがあっても、そこまで珍しいことではありませんでした。

 

ただ、その頃というのは温度調整もアナログ感が満載のツマミ調整で、今のように「42℃ピッタリのお湯」を出すのは難しかったはずです。

性能も最低限でしたし…。

 

製品は便利になればなるほど複雑化していきます。

複雑化していくということは…あとは言わなくてもわかりますよね?

 

技術が進歩しているから物持ちも良くなるという勘違い

前項では「製品が便利になればなるほど仕組みは複雑化し、複雑化するということは壊れやすくなる」と書きました。

そういわれると「言われれば確かに…」っていう人も多いと思います。

でも、中には「昔より技術が進歩してるんだから、耐久性も上がってるんじゃないの?」って思う人も出てくるのではないでしょうか。

 

これに関しては、そう言いたくなるような気持ちも分からなくはないんです。

ただ、よく考えてみてください。

今、ご自身の周りにある電化製品を見て、10年前より耐用年数・機器寿命がのびてるものってどれくらいありますか?

 

例えば、パソコン。普及し始めたのは20年くらい前からだと思います。

ちょっとパソコンの寿命が何年なのか分からないのでアレなんですけど、仮に5年くらいとしましょう。

耐用年数がのびた結果が5年なんだとしたら「じゃあ当時は2~3年で壊れてたの?」って話になるわけです。…そんなことはありませんよね?

 

私が使用しているスマホは、2年も使えば明らかにバッテリーの持ちが悪くなってます。

でもそれは、解像度の向上などによって「バッテリー自身の性能も上がってるけど、それ以上に消費量も上がるくらい性能がアップしている」から、寿命の伸びが実感できてないだけだと思っています。

 

このように、機器寿命が延びていたとしても、その機器寿命を草莽するスピードも速くなっていることが多いので、技術が進歩したからといってそれがそのまま寿命に繋がっているケースは、ほとんどありません。

 

実際に「20年使えた」という情報がネット上にゴロゴロ存在する

例えば「給湯器 寿命 20年」と入れてGoogleなりYahooなりで検索してみると、2018/10/09現在、マンション事情に精通している方の運営しているブログがトップに出てきます。

その方は実際にアンケートを取ったのか何なのか、マンションの中に入っている世帯別で「どれだけ給湯器が使えたか」をデータにしてくれています。

私も実際に読ませてもらいましたが、非常に素晴らしい記事でした。

 

ただ、私のように毎日修理に出歩いている人間からすると、どうしても15年~20年が給湯器の機器寿命だとは思えません。

「じゃあそのブログを運営している人が嘘を言ってるのか?」と聞かれるかもしれませんが、そういうわけでもありません。

 

ここには「寿命=交換した時期」という大前提があります。

ちょっと一休さんみたいな話になってしまうんですけど、もし仮に「給湯器本体を交換した時期を寿命とするのであれば、修理した回数はカウントされていない」ということになります。

 

極端な言い方をすれば、ここでいう給湯器の寿命を20年にでも30年にでもしたいのであれば、中身を全部交換してやることで部品が取れる限り寿命は迎えないという言い方ができるでしょう。

ですから、この場合の寿命というのは「どれだけ使用できるかの目安ではなく、どのくらいで部品が取れなくなるか」を示している指標にしか過ぎないと思うんですよね。

 

たぶん20年で買い替えたって人は「修理したかったけど、部品が取れないから買い替えた」ってだけの話だと思います。

 

もし、修理費用に10万円も20万円もかけてでも「機械が使えるようになったら寿命じゃない」というなら給湯器の寿命は「部品が取れる限りは迎えない」という結論になりますが、そんなことはないですよね。

 

多くの人は「壊れ始めてしまう時期」「修理するよりも買い替えた方が得になる時期」を給湯器の寿命と捉えているのではないでしょうか。

そして、その年数は7年から10年です。

 

給湯器の寿命を知りたければ保険内容を確認すればいい

上記画像は、ノーリツ製の給湯器を購入した時に加入できる給湯器の保険の内容となります。

赤枠と青枠は、ここでは気にしないでください。

 

保険の内容を簡単に説明すると「契約期間内にユーザーの使い方や災害、設置不良以外の理由で給湯器が故障した場合、これの修理にかかる一切の費用が免除される」というものです。

つまり、これを提案するメーカーとしては「壊れる可能性が高くなるほど、そのリスクに見合った保険料をユーザーから取らなければビジネスとして成立しない」ということになります。

 

そこで、この保険の内容を見ると「どんなに保証しても10年まで」「7年と10年の間に保険料が跳ね上がっている」という事実があるのが分かりますか?

なぜ10年までしか保証していないかというと、そこで寿命を迎えているという見解があるからです。

そして、7年と10年の間に保険料が跳ね上がっている理由は「この時期に故障が多いというのが分かり切っているから」です。

 

保険っていうのは実に正直で、利益が取れない可能性の高い内容については保証されません。

もし本当に給湯器の寿命が20年もあるなら、メーカーはさておき、民間の会社で給湯器を20年間保証する保険屋が出てきてもいいと思いませんか?

それが出てこないのは、保険屋としてのビジネスが成立しないからです。例えは不謹慎ですが、人間の生命保険で200歳までを保証していないという理由に近いでしょう。

つまり「給湯器の寿命を20年というのには無理がある」ということになります。

 

給湯器の価格の相場を知っていますか?

例えば、みなさんが100万円で車を買ったとします。

これが大して乗っていないのに壊れてしまったら腹が立ちますよね?

では、10万円で買った車が大して乗っていないのに壊れてしまった場合ってどうですか?

腹が立つことには変わりないにしろ、前者のパターンと比べると心のどこかには「仕方ない」という考えがあるのではないでしょうか。

 

この例とは若干意味が異なってきますが、給湯器が40万円もする場合だと「こんなに高いのに10年で壊れちゃうの!?」と思う気持ちも少しは理解できます。

実際に給湯器の価格帯を見てみると、定価は40万円前後のものが多いですからね。

しかし、給湯器は定価こそ非常に高いイメージがありますが、販売価格はそこまで高くならないことが多く、安い業者を探せばいくらでも出てきます。

 

上記は、ネット上で給湯器の交換作業をしている「いえすと 給湯器交換なら満足度No1の実績 年中無休で即日にも対応」での販売価格です。

ノーリツとリンナイのガス給湯器が最大82%OFFとなっています。

もし給湯器の定価が30万円だとすれば54000円、定価が40万円だとすれば72000円です。

業者によってはこれくらいの価格で販売しているもので、それも毎日使用する物に対して「20年は頑張れ」っていうのは酷だと思いませんか?

 

個人的には、毎日使用しているものなので30万円でも10年で壊れたからと言って高い買い物だとは全く思いませんが、安い業者なら10万円以下で販売(取付費用を入れたら10万円は超えるけど)しているようなものです。

 

仮に10万円として10年使ったら1年あたり1万円です。

1年は365日ですから、1日あたり約30円ずつ貯めていれば、10年で買い替えられるようなものなんですよ。

そういう意味でも、給湯器の寿命を20年って言ってしまうのは無理があると言えるでしょう。

参考関東エリア・関西エリアで給湯器の交換をするなら「いえすと」が激安!!

 

まとめ

私たち修理のプロが言うボイラーの寿命とは「機器本体の修理が必要になる時期」を示す言葉であり、それは約7年~10年である

今回言いたかったのは「給湯器の寿命が20年っていう人は少なくないけど、1回も修理をせずに、毎日使用しているような過程で使われている給湯器が、そんなに長持ちするケースは極めて異例なことですよ」ってことです。

 

ご近所さんで「給湯器が1年で壊れた」ってお家と「給湯器が20年使えた」ってお家があったら、平均取って「機器寿命は10年か…」とはならないでしょう。

多くの人は「1年で壊れる=運が悪い、20年使える=こっちが普通」と捉える人が多いと思います。

 

寿命というワードをどういう意味で考えるかにもよりますが「20年くらいが寿命だ」という場合は「修理に修理を重ねて辿り着いた境地」くらいに思っていた方が無難だと思いますよ。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-使い方, 給湯器の寿命

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.