使い方

入浴剤使用者必見!配管クリーニング=給湯器長持ちの法則!?

更新日:

リンク広告

入浴剤使用者必見! 配管クリーニング=給湯器長持ちの法則!

 

給湯器の修理でお客さんのお家を回っていると「入浴剤って使ってもいいの?」という質問をされることが多々あります。修理業者としての立場から言うと「あまり良くない」という答え方をせざるを得ないんですが、私自身よく使っていますし、ちゃんとケアすれば問題ないんじゃないかと思っています。

一応「イオウは厳禁」ということだけ押さえておいてもらえれば、あとはユーザーの注意次第で入浴剤を楽しみながら給湯器への影響を最小にすることが可能です。ただし「ケアすれば問題ない」と言われても、具体的にどうすればいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、配管クリーニング等の「入浴剤を使っている人にはぜひ実施して欲しい、お風呂配管や給湯器内部のケアについて」説明したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

「イオウが入っていない=給湯器に影響がない」という意味ではない

イオウが入っていないと安心? 入浴剤ユーザーが勘違いしやすい新事実

 

入浴剤の中にも影響の強いものとそうでないものがあるのですが、まずイオウが入っているものは論外です。これは銅を腐食させるので、使用してしまうと給湯器から漏水してしまうことが予想されます。

それから乳白色系の入浴剤やにごり成分の入浴剤もあまりおすすめできません。しっかりとしたケアの方法を理解していれば被害を最小限にはできますが、基本的には「透明タイプ」と呼ばれる入浴剤の使用をおすすめします。

 

ちなみに乳白色・にごりタイプの入浴剤は美容に良い面が多いようで、女性に人気が高い商品も多く登場しています。このような入浴剤は「追い炊きをしないというルールで使用すれば、お風呂配管や給湯器内部には全く悪影響がない」ので、どうしても使用したい場合は追い炊きしないというルールで使用してみてはいかがでしょうか。

寒冷地にお住まいの方で冬時期の場合、追い炊きしなくても凍結予防動作によって浴槽の水が循環してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

関連記事「浴槽・風呂釜を傷めるイオウは入っておりません」という表記は勘違いしやすい

関連記事「風呂釜に影響のある入浴剤でも追い炊きしなければ大丈夫?」に答える

 

給湯器のメンテナンス「配管クリーニング」とは

給湯器と追い炊き配管のメンテナンス 「配管クリーニング」とは?

 

給湯器のふろ回路と追い炊き配管のメンテナンスは重要

修理業者に配管クリーニングを依頼すると、恐らく20000円程度でやってくれるのではないかと思いますが、水圧をかけて洗浄した後で薬剤による洗浄をすることを配管クリーニングと呼んでいます。

入浴剤を使用した後の浴槽(特に1日経ったあとのものなど)はぬめりが付いていたり、入浴剤の成分が底に溜まっているのを見たことがありませんか?にごり系の入浴剤を使った後だと、浴槽内が滑って大変な思いをしたことがあるという人も少なくないでしょう。

 

浴槽内であればブラシで擦ることもできますが、給湯器の中や配管の中はブラシで擦ることができないので汚れが溜まりやすいです。あまりにも酷い状況だと、配管内にヘドロが溜まって給湯器の循環能力を低下させたり、お風呂を不衛生にすることが考えられます。

市販されている配管洗浄剤などでも掃除はできますが、それは給湯器の循環能力と洗浄剤の殺菌効果による洗浄になるので、水圧をかける配管クリーニングの方が高い効果が期待できます。

スポンサーリンク

アドセンス

配管クリーニングの依頼は「おそうじ本舗」がおすすめ

 

  • 2年以上配管をお掃除したことがない方
  • 中古物件にお住まいの方
  • 家族が多く、お風呂の利用頻度が高い方
  • お風呂・給湯器をリフォームした方

 

給湯器のお湯張り機能、追い炊き機能を安心して使用するための配管クリーニングは、おそうじ本舗に依頼するのがおすすめです。オリジナルの除菌剤・洗浄剤を使い、ファインバブルを使って洗浄してくれます。

料金は2万円ちょっとするので決して安い金額ではありませんが、安心してお風呂を使えることを考えたら配管クリーニングは決して損しない内容と言えるでしょう。

 

 

関連記事年末の大掃除、浴室や追い炊き配管のクリーニングは「おそうじ本舗」がおすすめ

 

ユーザー自身ができる給湯器と追い炊き配管のメンテナンス方法

ユーザー自身ができるメンテナンス方法 給湯器と追い炊き配管のケアについて

 

お湯張り機能があるなら配管クリーン機能を利用する

業者に依頼する配管クリーニングも決して安くないですし、普段からお客さん自身でケアしていれば専門業者に頼んで配管クリーニングをする必要性もありません。

1番手っ取り早くて有効なのが配管クリーン機能を利用することです。最近の機種であればどのメーカーのものでも、追い炊き配管をクリーニングしてくれる機能があります。フルオートと呼ばれる機種の中には、お風呂のお湯を捨てる時に自動的に洗浄してくれる機能を有するものも珍しくありません。

これは簡単に言うと「機械からお湯を流して入浴剤成分や汚れを流す」という動作になります。お風呂に入り終わった後で浴槽のお湯を捨てるときにこれをやっておけば、特に汚れが溜まるということもありませんし、ふろ配管も衛生的に保てるでしょう。

 

月に1回でも配管洗浄剤を使用すれば効果的

 

レンジフードの油汚れなんかもそうですが、放置している期間が長ければ長いほど汚れは落ちにくくなります。それは風呂配管内も一緒です。入浴剤成分は時間が経つと固着したり、それをエサに雑菌が繁殖したりする可能性が高いので、定期的に配管洗浄剤でケアしてあげるといいでしょう。

ちなみに浴槽のお湯を何日間も使用する人をたまに見ますが、このタイプの人で入浴剤を使用している場合は、不衛生なうえに機械へのダメージも大きいので、直ちにその習慣を改善することをおすすめします。

市販されている配管洗浄剤の多くは、お風呂に水を溜めた状態で洗浄剤を入れ、それを追い炊きして沸き上がれば完了という至ってシンプルなものが多いので誰でも簡単にできるはずです。

市販されている配管洗浄剤の多くは、追い炊き配管の除菌を目的としている物が多く、配管内のヘドロを取り除く目的等で使用しても効果が得られない場合があるので、過度な期待は禁物です。

 

created by Rinker
スクラビングバブル (Scrubbing Bubbles)
¥2,998 (2021/08/02 17:44:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

入浴剤は給湯器には良くないが、ケアすることでその影響を限りなく小さいものにはできる

業者に頼めば配管クリーニングはやってくれるし、自分で薬剤を買ってきてやるのもOK

お風呂の水を何日も使うのは衛生的に悪く、その状態で入浴剤も使うのは大ダメージ

 

普段しっかり手入れをしていたり、お湯を毎日交換するというご家庭の風呂配管は、我々プロが洗浄作業をしても汚れがでてくることがないお家も多いです。

一方で「お風呂の水は複数日使う」「配管洗浄なんかしたことない」という場合だと、ヘドロのようなものが大量に出てきて、お客さん自身も「こんな汚れだらけの状態でお風呂に入っていたの!?」と真っ青になることも。

毎日ケアをしていれば入浴剤を使っていても給湯器は長持ちするはずなので、たまには徹底的にお手入れしてみてください。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-使い方
-, ,

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2021 All Rights Reserved.