風呂釜に影響のある入浴剤も追い炊きしなければ大丈夫?

風呂釜に影響のある入浴剤 追い炊きしなければ大丈夫?

 

入浴剤のパッケージ裏面を見ていると、細かい文字が色々と書かれている部分に「風呂釜を傷めません」という表記があります。これを見つけたら使用者は安心すると思いますが、では書いていなかったとしたらどうなのでしょうか。

結論から言うと「風呂釜を傷めるものは論外で、風呂釜を傷めないと言われている物でもダメなものはダメ」という感じです。風呂釜を傷めないって書いているのにダメだって言われると、なんだか腑に落ちないという人も多いのでは?

本記事では「風呂釜に影響のある入浴剤でも追い炊きしなければ大丈夫?」という質問に、ハッキリと答えていきたいと思います。

目次

追い炊きしなければOK(1つだけ条件アリ)

 

結論から言うと、いくら風呂釜に影響のある入浴剤を使っても追い炊きや保温をしなければ問題ありません。追い炊きや保温をしなければ、入浴剤の成分が給湯器側に入り込んでいくことは考えにくいからです。

そもそも風呂釜に影響を与える成分の代表格はイオウなのですが、給湯器の多くは内部に銅が使われているので、イオウ成分が絡んでくると腐食して穴が空いてしまうので「イオウ=出入り禁止」となっています。

 

本場志向の温泉系入浴剤なんかだとイオウ成分が使われている物があるかもしれないので、そのような入浴剤を使用する場合は追い炊きや保温をしないように注意すればOKです。

ただしもう1つ条件があります。それは「冬期間の凍結予防運転に注意すること」です。特に冬になると雪が降るような寒い地域にお住まいの方は、これに注意しなければなりません。

 

給湯器の凍結予防運転とは?入浴剤と関係あるの?

給湯器の凍結予防運転とは?入浴剤と関係あるの?

 

給湯器は氷点下になりそうなくらいの低い温度を検知すると凍結予防が働く仕組みになっています。給湯器本体の中であれば装備されているヒーターが熱を持つことになるのですが、お風呂の配管は多くのお家で床下に施工されており、ヒーターで温めるということはできません。

ではどのようにして凍結を防止するかと言うと、給湯器本体には温度計のようなものが付いていて、これが0℃に近い温度を検出するとポンプが動いて水流を作るようになっています。

 

水は止まっていると凍りやすいですが、川のように流れていると水たまりの状態と比べて遥かに凍りにくくなります。ポンプの動作はこの原理を利用したものです。

つまり冬期間に凍結予防が働いてしまうと、追い炊きをしていないにも関わらず浴槽内の水が給湯器の方へ引っ張られてしまう可能性があるということです。この1点だけは追い炊きや保温動作をしないようにしていても注意しなくてはなりません。

 

入浴剤に書かれている「風呂釜を傷めません」という表記

「風呂釜を傷めません」という表記 正確には安全を担保する表現ではない

 

入浴剤やバスソルトのほとんどに「風呂釜を傷めません」という表記が見られますが、そもそもこの表記は義務じゃないと思うんです。たぶん入浴剤メーカーの配慮じゃないかと。

何が言いたいかと言うと、個人的には「風呂釜を傷めませんと書いていない入浴剤というだけでは、それが本当に悪影響だとは判断できないんじゃないか」と思っています。

 

これだけ周りの入浴剤がアピールしているわけですから、さすがに書き忘れということはないにしろ、じゃあ某メーカーが「風呂配管も傷めません」って表記し始めたとしたら、今度は「その表記がなければ風呂配管は痛めてしまうということになるの?」って話になってしまいます。

「風呂釜を傷めません」と表記するのはアピールポイントであって、表記する・しないは各メーカーの自由だと思うんです。でも周りが「影響ないです」って言いだしたら、何も言わないと「影響あるの?」になってしまうような気がしませんか?

 

本来なら風呂釜に影響のある可能性のある入浴剤だけが「影響があります」と書いてくれればいいんですけどね。なんで影響のない商品が「影響はありません」と書かなくてはならないのか…。

ちなみに「風呂釜を傷めません」と書いているから安心と言うわけでもありませんので、その先については以下のリンクを読んでいただけると嬉しいです。

関連記事「浴槽・風呂釜を傷めるイオウは入っておりません」という表記は勘違いしやすい

 

もし間違って追い炊きしてしまったら…

もし間違って追い炊きしてしまったら… すぐに配管洗浄をすればOK

 

給湯器の種類によっては「配管クリーン」という機能が搭載されており、これをすることで「給湯器内のお風呂回路→追い炊き配管→浴槽」へとお湯を流し込んで汚れを押し出してくれます。この機能があるなら、間違って追い炊きをしてしまった直後に配管洗浄をすれば大きな問題になることはないでしょう。

基本的には「水流を作って入浴剤成分が固着・沈殿する前に洗い流す」という方法が有効なので、配管クリーン機能がない場合は綺麗な水を追い炊きしてやるといいです。場合によってはそこに配管洗浄剤を使うとより高い効果が期待できるでしょう。

ジャバなどの配管洗浄剤で配管を清潔にしてあげるのは日々のメンテナンスとしてもおすすめです。追い炊き配管は雑菌まみれになっている現場を結構見るので、あまり注意して考えたことがなかったという人はぜひ。

参考風呂釜洗いジャバの1つ穴用と2つ穴用の何が違うのかを簡単に説明する

 

まとめ

給湯器に影響がありそうな入浴剤も、追い炊きしなければ問題なし

ただし、凍結予防の作動には注意すべし

 

追い炊きや保温さえしなければ、勝手に浴槽内のお湯が給湯器の方に行ってしまうことはほとんど考えられません。凍結予防にはくれぐれもご注意ください。

もし心配であれば、お湯張り機能がある給湯器であれば浴槽の水を捨てた後で軽くお湯張り(もしくは配管クリーン)をしてあげると、万が一配管の中に入浴剤の成分が残っていても綺麗に洗い流してくれるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

給湯器や暖房機、ガスコンロ、IH、システムバス、システムキッチンなどなど。住宅設備を修理したり取付する仕事をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる