修理料金

エラー番号だけでは給湯器の修理料金は判断できません

更新日:

リンク広告

たまたまYahoo知恵袋を見ていたら、給湯器の故障で頭を悩ませている方がおり、似たような質問が結構ある事に気が付きました。

多くの質問が「エラー〇〇〇で修理料金が△△円と言われたのですが、こんなにかかるものなのでしょうか?」というものです。意外と親切な回答者さんが多くて「大体▲▲円くらいですよ」と応えてあげている人がいました。

しかし、実際に修理業務に携わっている私から言わせていただくと「エラー番号だけで修理料金なんか答えられるかバカヤロー」です。※バカヤローは言い過ぎました、ごめんなさい。

というわけで今回は、エラー番号だけで修理料金なんかはわからないということをご説明したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

実際の質問例

実際の質問はこんな感じです。整理すると以下のようになります。

  • GTH-2417AWX3Hのエラー140
  • 修理業者から10万円ほどかかると言われた

それでは1つずつ掘り下げていきましょう。

 

ノーリツ製の給湯器のE-140とは?

過熱防止装置作動

ここで質問者様が言っているE-140というのは、温度ヒューズと呼ばれる安全装置の不具合です。安全装置がエラーを出している場合というのは、大きく分けて「安全装置が作動した場合」と「安全装置そのものに不具合がある場合」の2パターンあります。

もし後者であれば部品そのものを変えてやればいいので、部品代+出張料+作業料になり、どんなに高く見繕っても10万円を超えるような修理になるとは考えにくいです。

ちなみにノーリツ製のGTHという機械は、熱交換器が2つあるので最低でも温度ヒューズは2つ取り付けられています。もし温度ヒューズが1つ当たり3000円とすると、高く見積もっても3万円くらいになるのではないかと思います。

 

熱交換器やバーナーに原因がある場合

温度ヒューズという部品は、熱に反応して異常がある場合に切れることで、機械を動かせなくするという安全装置です。例えば機械から火が噴いても動作が止まらないなんてことになれば被害が拡大してしまうので、機器本体が異常に熱を持った場合などに強制的に止める役割を持っています。

なので、もし熱交換器やバーナーなどに原因があってE-140を出している場合は、温度ヒューズだけでなく「温度ヒューズがエラーを出すことになった根本的な原因」を取り除いてやらなくてはなりません。

熱交換器の詰まりが原因で温度ヒューズが断線していたとすれば、温度ヒューズだけ交換してもまたすぐに断線してエラーを出してしまうのが、火を見るよりも明らかだからです。

この場合は温度ヒューズの修理料金に加え、熱交換器の詰まりなどの修理費用も上乗せになるので、10万円を超えるケースも珍しくないでしょう。ただしこのケースは、診断してみないとハッキリと断言できないので、見てもいないのに10万円ほどかかるという判断を下すのは難しいです。

 

状況を見ないで10万円以上かかると判断できる場合

年数による判断

給湯器の耐用年数は7年~10年と言われているので、もしこの質問者様の給湯器が10年を超える使用期間だったとすれば、そのような案内になってしまうことも考えられます。

今は温度ヒューズのみの不具合だとしても、10年近く経過しているのであれば今後バーナーなどに不具合が出てまた温度ヒューズが断線してしまう可能性が高く、その場合にお客さんは「この前修理したところがまた壊れた」としか思ってくれません。

であれば、今後E-140に関わりそうな部品は交換しておいた方が、後々のクレームに繋がりにくいと考えるのも1つの事実で、その場合はあれもこれもという修理になり、高額になってしまうケースが考えられます。

ただし、これに関しても見てみないと断言はできませんし、普通であれば状況確認後にその旨の説明があるはずです。

 

 

業者が新しい機械を売りたいと考えている場合

多くの場合は、このパターンだと思います。質問者様は「ノーリツ経由で修理の見積もりをお願いした」と書いていますが、それが本当にノーリツのサービスショップだったのかは疑問です。

それにもし今回電話したのがノーリツのサービスショップだったとしても、以前にこの質問者様が1度修理したことがあり、その時にハウスメーカーや取り付けてくれた業者などを通じて修理依頼しているという場合には、ノーリツがハウスメーカー等に話を戻していることが考えられます(後々、お客さんを取ったと言われ、トラブルになるケースがあるんです)。

ハウスメーカーなどであれば見ても修理するのは難しいですし、取付ならひも付きの業者がいますので、手っ取り早いという判断になることも少なくありません。

ちなみにサービスショップが修理見積依頼の時点で修理をお断りすることは、ほとんどありません。あるとすれば型式から部品が既に入手不可になっているケースか、以前に修理した際の料金が未払いの場合等だと思います。

 

まとめ

  • 現場も見ないで金額を決めることは無理です

もし今までに修理したこともなく、現場を全く知らないメーカーサービスが「そのエラーなら10万円はかかりますよ」なんて適当なことを言っているのであれば、消費者センターに喋って大ごとにしてやりましょう。

※ノーリツのメーカーサービスがそのような案内をすることは本当に考えにくいです。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-修理料金

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.