エコタイプ

給湯器修理のプロが「エコジョーズのメリット・デメリット」について分かりやすく説明する

投稿日:

リンク広告

最近、世の中が「エコ」に傾きつつあります。

「限りある資源を大切に」という考えは昔からありましたが、車やエアコンなど私たちの生活に密着しているものに関するエコ思考は急速的に強まっていると言っていいでしょう。

そんな中、私たちの生活とは切っても切れない関係ある給湯器・家庭用ボイラーにも、エコの勢いが浸透し、今や新築現場のガス給湯器はほとんどエコジョーズが採用されています。

時代はエコですが、良い部分しか聞かないと不安になってしまいますよね?そこで今回は、エコジョーズのデメリットも大暴露するつもりです。

それでは、給湯器修理のプロである私が「エコジョーズのメリット・デメリット」を分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

アドセンス

エコジョーズとは?

エコジョーズの概要

エコジョーズとは、少ないガスの消費量で効率良くお湯を作ることを目的として作られた高効率の給湯器のことです。もっと簡単に言うと、エコ思考の強いガス給湯器をエコジョーズと言います。

ここで言うエコというのは、排出されるCO2が少ないおかげで地球にも優しいという要素もありますが、燃費が良いという家計に直結するような特徴も持っており、多くのユーザーから「ガス代が安くなった」という喜びの声が寄せられている給湯器のシリーズでもあります。

 

エコジョーズの仕組み

こちらはパロマの公式ページからお借りしてきた資料です。ノーリツ、リンナイ、パロマのページを見比べて、この図が1番分かりやすいと思ったので拝借しました。

さて、なぜ燃費効率が良くなったかを簡単に説明すると「これまではそのまま捨てていた排気を、捨てる前にもう一度熱交換することによって、ガスの消費量が抑えられている」という仕組みです。

従来型給湯器の煙突や排気口から出ている排気を触ったことがありますか?これは約200℃もの非常に熱いガスなのですが、ある時から「そのまま捨てるの勿体無いんじゃね?」という考えに変わりました。

例えば、200℃の空気で満たされたサウナのような空間にコップ1杯の冷水を置いていると考えてみてください。コップの水は、たちまちぬるくなることが予想されますよね?

このような原理で、これまでは捨てていた排気も再度熱交換に利用することで、燃費効率が良くなったというのが、エコジョーズの簡単な仕組みです。

そのため、従来型の給湯器の煙突や排気は火傷するほど熱くなっていますが、エコジョーズの煙突や排気は、温かいと感じる程度の温度であることが多いです。

スポンサーリンク

アドセンス

エコジョーズのメリット

燃費効率がよく、ガス代の節約に効果的

こちらはノーリツの公式ページにて算出されている年間ランニングコストの比較グラフです。

右上に小さく「LPガスの場合」と書いていたり、新エコスイッチONという付加条件があるものの、年間トータル約31300円お得になるという結果が算出されています。

ちなみに新エコスイッチというのは出湯量を絞る機能を指していて、節水効果が見込める新機能のことなのですが、節約というよりは我慢に近いのかなぁという印象ですね。

そしてLPガスだと都市ガスよりも料金が高い傾向が強いので、実際にエコスイッチを使わずに都市ガス利用者だとここまで大幅にお得になることはないでしょうが、仮に年間約15000円くらいの節約だったとしても、10年で150000円ですから十分すぎるメリットと言えるのではないでしょうか。

 

一方こちらは、リンナイの公式ページにて算出されている年間ランニングコストの比較グラフです。年間トータル約15150円お得になると書かれています。

後述していますが、エコジョーズのデメリットの1つに本体価格の高さがあるのですが、リンナイのエコジョーズでは「およそ1年7ヶ月で従来品との価格差をクリアする」そうです。

 

そしてこちらは、パロマの公式ページにて算出されている年間ランニングコストの比較グラフです。年間トータル約12200円お得になると書かれています。

ちなみに、それぞれのページにはしっかりと「どのようにしてこの金額が導き出されたか」の算出方法詳細が書かれていますが、基準とされているガスの料金設定などに違いがあるため、この金額の上下で高効率レベルの優劣が決まるものではありません。

車の走行距離と一緒で、条件などによって数値はいくらでも変動しますから、ここでは「エコジョーズに替えると、一般的な4人家族で月々あたりのガス代が1000円ちょっとくらい安くなる」と思うくらいがちょうどいいでしょう。

 

地球にやさしい

まぁここについては、詭弁のような部分もありますが、エコジョーズはCO2の排出量が減っているので、地球温暖化の防止に役立つと言われています。その量は、年間にして従来比11%~16%減だそうです。

正直言って、もし「環境に優しいけど、ランニングコストが悪いもの」と「環境に悪いけど、ランニングコストが良いもの」が同じ金額だったら、恐らく後者の方が売れるような気もするので、これをユーザー目線でメリットと言っていいのかどうかは悩みましたが、一応挙げておきます。

もちろん今後、エコじゃないものにはガンガン課税されていく可能性も無くはないですからね。車とかエアコン、給湯器あたりは狙われてもおかしくないと思いませんか?

 

電気温水器などに比べて設置コストが低い

ランニングコストの話になると、必ずと言っていいほど「電気温水器/エコキュート/エネファームと比べるとどっちが得なの?」という話になると思いますが、これらの機械とエコジョーズは基本的に全くの別物として考えてください。

平たく言うと、電気温水器は「電気で動くヒーターを使ってお湯を作る機械」で、エコキュートは「電気温水器の機能にプラスして、外気の熱を利用する機能を持った機械」です。

エネファームに至っては「発電ユニットまで持っていて、生活に必要な電気も作る機械」なので、構造が根本から違います。

オール電化の新築などではエコキュートが人気のようですが、エコキュートに関しては初期費用が馬鹿みたいに高いので、ここさえ我慢できるのであれば問題ないです。

しかし、少しでも設置費用とランニングコストを両立させたいと考えるのであれば、多くの一般家庭にとって望ましい選択はエコジョーズになるのではないかと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

エコジョーズのデメリット

本体価格が従来型よりも少し高い

給湯器を購入する際の初期費用を、もし「1万円でも5000円でも削りたい」「1年後の金額とかじゃなくて今生きることが最優先」というくらい切羽詰まっているような状況であれば、従来型になびくかもしれません。

しかし、多くの場合で従来型とエコジョーズの金額差は微々たるものであることが多いです。

私の中では大したことがないと考えている要素ですが、初期費用が若干高いということもデメリットの1つなので、一応紹介しておきます。

メリットの燃費部分でも軽く触れましたが、リンナイの発表によると「エコジョーズと従来型の価格差は約1年7ヶ月でペイできる程度の差」でしかありません。

もしこれが7年~10年でやっと元が取れるというレベルの話なのであれば、機器寿命の観点からも決してお得になるとは言いにくいのですが、2年未満でペイできるのであれば、初期費用が多少高くたって問題ないと考える人が大多数のような気がします。

 

ちなみにこちらはパロマが発表しているデータです。こちらは2年未満でのペイとはいきませんが、それでも約4年5ヶ月でペイできるというデータを公表しています。

ノーリツはこのようなデータこそ公表していませんが、燃費の項目で年間数万円のお得になるという指標を掲げていましたから、これについても2年以内で十分ペイできるという考えで問題ないでしょう。

何度も言うように、確かに従来型と比較すると本体価格は少し高いです。しかし、そこまでのデメリットでもないと思います。

 

配管が1本増える

従来型からエコジョーズに交換するにあたって、ドレン配管と呼ばれる「給湯器の汗を排出するための配管」を新たに施工しなくてはなりません。

もし屋内設置の給湯器で洗面所に設置されているのであれば、洗面所の床に穴を開けて床下で排水管とドレン配管を繋げるという作業が必要になります。

屋外の場合だと雪国の場合は凍結する可能性が出てくるので、ドレン配管も凍らないような処置をしてやる必要が出てくるでしょう。

多くは凍結予防ヒーターを巻くことになると思いますが、既に屋外コンセントを使用しているような状況だと、新たに増設しなくてはならない可能性が出てしまうことも。

これらの工事は、すべて工事業者がやってくれるのでお客さんとしては特に困ることも無いでしょうが、本体価格に差は無くても取付業者の作業料は多少高くなるはずです。

そして中には「床に穴を開けたりっていう大規模な工事になるくらいだったら、別に従来型でも良かった」という人もいるので、この辺りは注意が必要です。

参考屋外タイプのエコ給湯器のドレン配管にも凍結予防が必要な件について

 

修理費用と故障率はやや高め

エコジョーズには従来型のガス給湯器には搭載されていなかった部品が幾つか搭載されています。

それは「高効率を実現するための部品」なのですが、これが増えた分「給湯器として壊れる箇所が増えた」という見方もできるんですよね。

給湯器に限らず、機械はなんでもシンプルな方が長持ちするので、燃費が良くなって複雑化した分、どう考えても故障率は上がったと思います。

ここについては従来型と同じくらいの件数のデータを取って検証しないといけないため、確定事項ではありませんし、それに準ずるデータも無いので、現時点では「私の予想」にしか過ぎません。

しかし、エコジョーズには「時期が来たら必ず交換しなければならない部品」も存在し、それは給湯器が故障する/しない関係なしに交換が必要な消耗部品のようなものなので、10年間部品交換をしなくても済む可能性はほぼゼロになったと言えるでしょう。

ちなみにその部品は「中和器」と呼ばれる部品で、給湯器の汗は酸性なのですが、それをそのまま排出してしまうと酸の影響で配管が腐食してしまう可能性があるため、機械の中で中和してから排水するためのものです。

ノーリツ製のエコジョーズであれば、中和器の交換に15000円前後の費用が発生します。

参考ランニングコスト(燃費)だけに飛びついてエコ給湯器を買うと痛い目に遭う

 

光熱費が抑えられるかどうかはユーザー次第

これまでは「2年もあれば従来型との金額差をペイできますよー」と書いてきましたが、それはあくまで「メーカーが定めている条件による使用量の場合」という条件になります。

分かりやすく極端に言うと、月に1000円しかガス代を使わない人は、月に2000円のガス代の節約はできないってことです。

そもそものお湯を使う量が多ければ十分にペイできる可能性は高くなるのですが、切り詰めて切り詰めて最低限でやりくりしているような節約家族の場合だと、そこまで高い効果が見込めないというケースも少なくありません。

例えば、年頃のお子さん2人を抱えている4人家族とかなら、十分に基準を満たせる可能性はありますが、おじいちゃんとおばあちゃんの2人暮らしとかだと、元々のお湯の消費量も少ないことが予想されます。

そうなってくるとエコジョーズの恩恵が受けられず、大して従来型と変わらないという結果にもなりかねないでしょう。

さすがに損をするということはないでしょうが「損得勘定から、節約効果を大きくするためにガスを使う→結果、ガス料金が高くなる」という節約になってるのかなってないのかが分からない事態にならないように注意が必要です。

スポンサーリンク

アドセンス

結局、エコジョーズって良いの?悪いの?

結論としては、ガス給湯器を使うなら従来型よりもエコジョーズの方がいいです。石油機器の場合だと正直微妙だと思う部分がありますが、ガスならエコタイプの給湯器を選んで間違いないと思います。

細かく計算したわけではありませんが、修理費用などを加味してもエコジョーズの方がトータル的にお得になることが多く、迷うくらいならエコジョーズで問題ないでしょう。あまり得しなかったというパターンはあっても、損をするということは無いと思いますよ。

ただし、あまりにも普段のガス使用量が少ない場合はそこまでお得になるわけではないという部分はしっかりと抑えておかなくてはなりませんし、年数経過によって必ず交換が必要な部品(中和器)があるというデメリットはしっかりと理解しておきましょう。

 

エコジョーズを安く購入するには?

これは「いえすと 給湯器交換なら満足度No1の実績 年中無休で即日にも対応」というネット業者の販売価格です。これが私が知る限りの最安値で給湯器を提供している業者になります。

ただし、残念ながら対応地域が限られているので、関東や関西地域のお住まいでないと依頼することができませんが、どこの業者よりも安い金額で買い替え可能です。

この業者は「全国の中でも採算の取れる場所でしか活動しない」「宣伝費をかけていない」などの工夫によって、低価格での給湯器交換を実現しています。

もし、関東・関西にお住まいの方で給湯器の交換を検討している方は、対応エリアを調べてみて、該当していたら問い合わせてみることをおすすめします。

参考関東エリア・関西エリアで給湯器の交換をするなら「いえすと」が激安!!

まとめ

エコジョーズは従来型と比べてお得になるケースがほとんどであり、普段からのガスの使用量が多ければ多いほどお得になる

デメリットとしては価格の高さが挙げられるが、本体価格よりも「必要部材費」「取付作業料」に注意

エコジョーズは年数経過で必ず中和器の交換が必要になる

エコジョーズでトラブルになるケースとして「購入する際に良いことしか聞かされず、中和器の交換が必要になるとは聞かされていなかった」というトラブルがあります。

確かに販売する方は良いことしか言わない傾向も強いので、メリット・デメリットをしっかり調べたうえで購入に踏み切るのがいいでしょう。

中和器の交換、初期費用の高さ…。それらを考えても差額はせいぜい5万円以下ですし、5年も使えば十分に元が取れると思いますよ。悩んでいる方には、ぜひエコジョーズをおすすめします。

アドセンス

アドセンス

-エコタイプ

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2018 All Rights Reserved.