その他

給湯器の詐欺に関する話|修理のプロが内部事情を語る

投稿日:

リンク広告

 

一昔前と比べて詐欺などが横行しているせいか、給湯器の修理・交換の仕事をしていても、お客さんから「これは詐欺なのではないか?」という、思わぬ疑惑を持たれてしまうことが多々あります。

実際にこの業界に身を置いている私自身からしても、他業者の行動をお客さんから聞いて「それはちょっと詐欺と言われても仕方ないのでは?」と感じる部分があることも珍しくありません。

逆に弊社の行動で「これはお客さんに怪しいと思われても仕方ないのでは?」と感じることも多々あります(もちろん弊社としては騙すつもりは一切ないです)。

 

そこで今回は「給湯器の修理、買い替えに関する詐欺について」の内部事情を書いていきたいと思います。

実際に給湯器の修理・交換業務に携わっている私自身の体験や、実際に聞いた話などを元にご紹介していきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス

給湯器の交換に関する詐欺

給湯器の交換作業が終わった後で、金額面でクレームに発展

 

弊社では給湯器の修理業務を請け負っていますが、修理の流れでどうしても「これはもう修理じゃなくて新品に交換した方がいい」という状態の給湯器を点検することがあります。

そうなると話の流れでどうしても「修理じゃなくて交換だったらいくらになるの?」と聞かれるのですが、結論から言うと弊社の交換見積もりは他業者に比べて高いです。

これは騙そうとしているのではなく、仕入れ値が高いせいで安くできないというのが大きな理由で、お客さん側が他業者と比較していれば簡単に回避できた問題でもあるのですが…。

 

弊社は見積書を提示するものの、お客さんは「どこに頼んでも似たようなものだろう」と感じたのか、特に他業者と比較することなく弊社に依頼をしてくるということが結構あります。

結果、工事が終わった後でご近所にお住まいの方との世間話などから、「お隣よりも数万円高かったんだけど詐欺じゃないの?」と言われてしまうという感じです。

 

給湯器の金額はメーカーの希望小売価格があって、この金額は非常に高く設定されています。ここから値引きをし、そこに取り付け作業料などが乗っかる形になるので、基本的には「給湯器のメーカー希望小売価格は全くアテにならない」と思ってください。

60%OFF~80%OFFが普通にある世界なので、「カタログに40万円で掲載されているものが20万円で購入できる」というのが決して珍しくありません。

 

これを防ぐためにも、給湯器の交換をする際は複数業者を比較検討するということを強くおすすめします。

もちろん業者側にも「給湯器が使えないなら一刻も早くお湯が使いたいはずだ」という思惑はあり、お客さんの弱みに付け込むような感情が一切無いとは言いませんが、私が知る限り多くの業者は「自社なりのそこそこの金額提示はしているものの、仕入れ値の違いで業者ごとに大きな価格差が生まれている」というのが現状だという印象です。

 

技術的に未熟な業者による施工

 

給湯器の交換業者と一口に言っても、この技術力はピンキリです。中には「これでよくお客さんからお金を取って施工したな」と思うような、とんでもない現場も多々あります。

よほどのことがなければ、取り付け方の良し悪しはお客さん自身が見ても分からないことが多いです。給湯器周りの配管等は優良業者でもすべてを新品に交換するということは無く、「変えるべき部分は交換し、再利用可能な部分は無駄に交換しない」というのがベストと言えるでしょう。

 

ここを「必要以上に部材を新しくし、必要経費を上乗せする」とか、あるいは「本来なら交換が必要な部材をケチって、交換費用を下げる」ということをする業者もいます。

こうなってしまうと「金額的に安くても、それは交換が必要な部材を交換しなかっただけ」ということになり、安いからと言って良い業者とは言えないわけです。

 

これは実際に施工してもらわないと気付きにくい部分ですし、一般的なお客さんからすれば「施工後もなかなか分からない部分」とも言えます。

大半は使用して1年~2年くらい経ってから給湯器が故障し、修理に来た業者の人に「施工が悪いせいで故障した」と言われ、そこで初めて気付くという感じでしょうか。

 

これを未然に防止するためにも、複数業者の見積もり比較をおすすめします。見積書の多くは「本体価格/取付作業料/部材費」などで構成されているはずですから、どこで金額的に差が生まれているかを見ていくといいでしょう。

本体価格からの値引きは仕入れ値に起因し、ここは業者が持っている力やコネなどによって差が生まれる部分のため、安ければ安いほどお客さんにとっては有利なことが多い部分ですが、作業料や部材費が極端に安いという場合は注意が必要です。

 

給湯器の修理に関する詐欺

修理できない業者が診断している可能性あり

 

意外と知られていないのですが、給湯器の交換作業(新しい給湯器と古い給湯器の入れ替え作業)に関しては、これを仕事にしている業者は非常に多いです。

しかし給湯器の修理業務となると、限られた業者しかできません。つまり「給湯器の買い替えの場合は複数の業者を比較検討できるけど、修理に関しては複数の業者の比較検討が難しい」ということが言えます。

 

車なんかだとディーラー以外にも修理業者がたくさんいるような印象がありますが、給湯器のメンテナンスができる業者は非常に少ないです。弊社のある都道府県では、1つのメーカーにつき1社しかメンテナンス業者がありません。

そのため、弊社が修理訪問して修理金額に納得してもらえず、お客さんから「他の業者にあたってみる」と言われた場合、巡り巡ってまた弊社が伺うことになるという感じです。

 

そして色んな業者の中には「修理をできないと言ってしまうことがカッコ悪い/修理をできないのではお客さんからの信頼を失ってしまう」ということで、修理が出来るテイで接客をするという業者が非常に多いです。

こういう業者はお客さんから修理依頼を受けても「とりあえず買い替えを進める」ということをすることがあります。お客さんに対する説明自体はもっともなことを言っているかと思いますが、結局やっていることは「修理だとメンテナンス会社に美味しい所を持って行かれるため、そうなる前に自分の所で買い替えさせたい」というのが本音です。

 

なので、まずは交換希望なのか修理希望なのか。給湯器に関しては修理と買い替えは全く別物だと考えることをおすすめします。

修理は修理でメーカーにしっかりと見てもらい、交換は交換で色んな業者を比較検討するといいです(ちなみにメーカーの買い替えは金額的に高いことが多いです)。

メーカーに修理前提で診断してもらうと、出張料と点検診断料が掛かってしまうことになるので、最初から買い替え検討の場合は修理度外視で色んな業者に問い合わせてみましょう。

「基本的には買い替え希望だけど、修理できるなら修理したい」という感じで業者を手配すると、診断料が発生してしまうことが多いと思いますが、最初から「買い替え希望」と明言しておくと診断料が発生せず、見積もり自体も無料になることがあります。

 

必要以上の修理を提案されるケース

 

弊社でもこの手のトラブルが結構多いのですが、「修理するのにそんなにお金が掛かるのか?」という感じのトラブルです。

前項でも軽く触れましたが、修理ができる業者は限られているにも関わらず、あたかも修理できるかのように適当なことを言う業者が少なくありません。

 

全部が知ったかぶりとは言いませんが、自分では修理しないくせに「たぶん3万円くらいで直ると思いますよ」みたいなことをお客さんに説明する業者がいて、その後で弊社が訪問して10万円ほどの修理見積りを出してトラブルになるという感じです。

こういう場合、なぜか「安く言った方が正しく、高く言った方が悪者」と考えるお客さんがほとんどです。個人的には「じゃあその人に3万円で修理してもらってください」と言いたくなります(しかしその人は修理できないので、いつもトラブルになります)。

 

これに関しては判断が非常に難しい部分があり、弊社としても「自分で修理をしない人間が適当に概算を言うのはやめて欲しい」という感情もありますが、じゃあ弊社に落ち度が全くないとも言い切れない部分があります。

例えば修理をする場合に「今壊れている部分を直すのは当然として、今後壊れそうな可能性がある場合、どこまで面倒を見るのか」という部分は、メンテナンス業者にとっては永遠のテーマと言っても過言ではありません。

 

特に使用期間が10年近くになった給湯器は「いつ壊れてもおかしくない状況」であることが非常に多いので、次から次へと故障が立て続けに発生してしまうということが結構あります。

こんな状況の給湯器を修理する場合、最低限の修理だけをしていると、次に別の箇所が壊れてしまった時に「あの時になんでこっちも一緒に修理してくれなかったのか」というクレームを受けることが非常に多いです。

 

これを防止する意味でも、ある程度の予防修理はやむを得ないと考えている部分があるので、最低限の修理でいいと考えているお客さんからすると、詐欺のように感じてしまう側面があるのかもしれません。

しかし年数の経った給湯器を修理する場合、完ぺきに直すということはまず無理なので、どこまで修理するかに関しては各サービスマンの判断に委ねられています。

人によっては「それはやり過ぎじゃない?」という判断をしているサービスマンもいると思うので、そういう場合はお客さんの方から「本当に今壊れている部分だけを修理してもらいたい」と希望を言うのがおすすめです。

 

修理の場合、基本的には「自分の所で修理してもらうか、他社で新品に交換されるか」になることが多く、高い修理見積りを提示したところで他業者で買い替えられてしまったらメンテナンス業者は儲からないため、不必要に修理金額を吹っ掛けるということは基本的には無いはずです。少なくとも弊社の場合はありません。

 

最後に

給湯器に関する詐欺の回避には比較検討が重要

修理の比較検討は難しいが、修理金額があまりにも高い時は「買い替えた方がいい」というメッセージと捉えるのが無難

情報弱者という言葉がありますが、給湯器に関してもまさに情報弱者が騙されてしまうという印象です。ちょっと調べればすぐ分かることが多く、それを調べないのは怠慢じゃないかと思うこともあります。

騙す意図がある場合はさて置き、騙す意図が無い場合もありますし、この場合はお客さん側でいくらでも回避可能です。給湯器が壊れてしまうと「一刻も早くお湯が使いたい」という気持ちが先行して、面倒なことから目を背けてしまうということは業者側も良く知っています。

詐欺の基本は弱みに付け込むことだと思うので、そういう弱みを見せずに色んな選択肢を検討してみてください。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-その他

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.