修理料金

給湯器の修理料金(部品交換)で1番高い部品は〇〇だ|使用年数によっては本体交換推奨

更新日:

リンク広告

給湯器で1番高い部品は〇〇だ! 使用年数によっては本体交換推奨

 

給湯器には実に多くの部品が取り付けられています。給湯器が故障して修理をしたことがある人はお分かりだと思いますが、給湯器の修理は決して安くありません。

部品1点につき5000円~10000円の作業工賃がかかるので、出張料を含めると10000円で済むことはほとんどないのではないでしょうか。どんなに安くても部品交換をすれば20000円くらいにはなってしまいます。

多くの修理担当サービスマンは、交換した部品を実際に見せてくれるでしょう。そして「なんでこんな小さな部品を替えただけで、こんなにお金がかかるのか」と驚いた人もいるはず。今回は「給湯器の部品の中で1番交換するのにお金が掛かる部品」を教えます。

スポンサーリンク

アドセンス

給湯器の修理作業料が1番高いのは熱交換器

 

これはどの機種でも共通で、熱交換器の交換が作業料としては1番お金のかかる修理です。上記画像でいうところの上部にある銅色の箱のような部品が熱交換器になります。

部品自体はバーナーの方が高い機種が多いのですが、この熱交換器の交換作業が1番面倒なんです。機械の中の水を全て抜かなくてはなりませんし、壁掛けタイプならともかく床置きタイプだと部品を外すまでも一苦労です。

 

そして熱交換器を交換しなければならない症状の大半が漏水か詰まりなので、お家の中にあるタイプの石油給湯器だと、現場を汚さないためにも本体ごと取り外して外に持って行って作業することも多いです(その点、ガス給湯器は部品が小さいのでいくらか楽)。

ちなみに熱交換器は機種によって複数付いています。主に給湯と風呂だったり、あとはエコタイプの場合だと二次熱交換器と言って「排熱を熱交換するための部品」も付いています。

 

給湯器の熱交換器の交換作業料は約20000円

熱交換器の部品交換となると、作業料はこれだけで約20000円です。あとはバーナーを交換しようが基盤を交換しようが、これ以上修理料金が増えることは原則ありません。

ただしそのまま交換するのには設置状況が悪く、機械本体を取り外して作業しなければならない場合などは、これに上乗せして本体脱着料金というのが別途必要になる場合もあります。

額面を見るとお客さんは「随分お金を取るんだな…」と思うかもしれませんが、こちらとしては安全装置や水メカの交換で10000円弱になるので、熱交換器の交換で20000円は割に合わないって思ったり思わなかったり。

スポンサーリンク

アドセンス

逆に1番安い作業は?

「じゃあ1番安い作業にはどんなのがあるの?」というと、水通路部のパッキン交換とかは機種によっては5000円を切りますし、部品を交換しない調整だと3000円~4000円くらいです。

具体的には「エア抜き、水抜き依頼」「リモコン線の手直し」「フィルター詰まりの掃除」などが該当します。これらは金額的には安いですが作業内容も楽なので、我々にとって美味しい修理というわけではありませんが特に不満も無い修理です。

ただしお客さんからしたら、作業料だけでなく出張料も加わるので「フィルターを掃除しただけで10000円くらい取られた」というように不満に感じる人も少なくないだろうと思います。なので私は修理が終わってもすぐに完了せず、給湯器の中を点検したりして時間をかけてます。

 

使用から7年以上が経過した給湯器の修理はよく考えよう

使用から7年以上が経過した給湯器 高額修理が必要な場合はよく考えよう

 

給湯器の機器寿命、耐用年数は7年~10年です。これは給湯器の設計基準が「1日1時間の使用で約10年使えるように…」という基準で設計されていることによるものです。

1日あたりの給湯器の使用時間は、全国的な平均を考えると1時間を少し上回るのではないかと思います。ゆえに10年を持たずして給湯器が故障してしまうという家庭が多いというのも1つの事実です。

それを踏まえて、使用から7年以上が経過した給湯器を修理する際は、よく検討することをおすすめします。特に熱交換器などの高額修理に踏み切る場合は、ここ以外の部品が壊れてしまうリスクを考えなければなりません

関連記事給湯器の寿命は10年ではなく7年~10年というのが修理のプロの見解です

 

修理の説明をする修理業者は「修理じゃなくて本体を交換した方がいい」と簡単に言います。これは新しい給湯器を売りたいという感情もありますが、1番は「あちこち修理が続いた時にトラブルに発展することが多いというのを理解しているから」です。

こっちは「だからあの時、修理しないで本体を新しくすれば良かったのに…」ということは口が裂けても言えません。しかしお客さんの中には「あの時、あなたがもっと強く本体交換を勧めていれば…」みたいな憎まれ口に繋がることも少なくないんですよね。

修理して長く使えるケースもありますが、そうならないことの方が多く、しかも「あの時、本体交換しなければ良かった」というカタチで後悔することはほとんどないので、使用年数の経った給湯器を修理しようとしている場合は「次、別の箇所が壊れても後悔しないかどうか」を基準に検討することをおすすめします。

 

まとめ

部品交換で1番高いのは熱交換器

 

熱交換器の交換は高額修理にはなりますが、我々にとってもあまり美味しいと感じない修理なので、年数が経っているものについては修理せずに買い替えて欲しいという気持ちもあります。

買い替えてくれた方が面倒な修理をしなくて済みますし…。そういう考えもあって、買い替えを進めるサービスマンも少なくないはず。私は全部喋ったうえでお客さんに選んでもらっていますが、年数が経っている給湯器で熱交換器の交換はあまりおすすめしません。

 

 

アドセンス

アドセンス

関連記事

-修理料金
-

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2021 All Rights Reserved.