修理料金

修理料金(部品交換)で1番高い部品は〇〇だ

更新日:

リンク広告

給湯器には実に多くの部品が取り付けられています。修理したことがある人はお分かりだと思いますが、給湯器の修理は決して安くありません。

部品1点につき5000円~10000円の作業工賃がかかるので、出張料を含めると10000円で済むことはほとんどないのではないでしょうか。

多くのサービスマンは交換した部品を実際に見せてくれると思います。そして「なんでこんな小さな部品を替えただけで、こんなにお金がかかるのか」と驚いた人もいるはず。

今回は「給湯器の部品の中で1番交換するのにお金が掛かる部品」を教えます。

スポンサーリンク

アドセンス

作業料が1番高いのは熱交換器

これはどの機種でも共通で、熱交換器の交換が作業料としては1番お金のかかる修理です。

部品自体はバーナーの方が高い機種が多いのですが、この熱交換器の交換作業がまぁ1番面倒なんですよ。機械の中の水を全て抜かなくてはなりませんし、壁掛けタイプならともかく床置きタイプだと部品を外すまでも一苦労です。

そして、熱交換器を交換しなければならない症状の大半が漏水か詰まりなので、お家の中にあるタイプの石油給湯器だと、現場を汚さないためにも本体ごと取り外して外に持って行って作業することも多いです(その点、ガス給湯器は部品が小さいのでいくらか楽)。

ちなみに熱交換器は機種によって複数ついています。主に給湯と風呂だったり、あとはエコタイプの場合だと二次熱交換器と言って「排熱を熱交換するための部品」も付いています。

 

金額にして約20000円

熱交換器の部品交換となると、作業料はこれだけで約20000円でこれが上限一杯になります。あとはバーナーを交換しようが基盤を交換しようが、これ以上修理料金が増えることはありません。

ただしそのまま交換するのには設置状況が悪く、機械本体を取り外して作業しなければならない場合などは、これに上乗せして本体脱着料金というのが別途必要になる場合もあります。

額面を見るとお客さんは「随分お金を取るんだな…」と思うかもしれませんが、こちらとしては安全装置や水メカの交換で10000円弱になるので、熱交換器の交換で20000円は割に合わないって思ったり思わなかったり。

 

1番安い作業は?

「じゃあ1番安い作業にはどんなのがあるの?」というと、水通路部のパッキン交換とかは機種によっては5000円を切りますし、部品を交換しない調整だと3000円~4000円くらいです。

具体的には「エア抜き、水抜き依頼」「リモコン線の手直し」「フィルター詰まりの掃除」などですね。これらは金額的には安いですが作業内容も楽なので、我々にとって美味しい修理というわけではありませんが、特に不満も無い修理です。

ただしお客さんからしたら、作業料だけでなく出張料も加わるので「フィルターを掃除しただけで10000円くらい取られた」というように不満に感じる人も少なくないだろうと思います。

なので、私は修理が終わってもすぐに完了せず、機械の中を点検したりして時間をかけてますね。

 

まとめ

部品交換で1番高いのは熱交換器

熱交換器の交換は高額修理にはなりますが、我々にとってもあまり美味しいと感じない修理なので、年数が経っているものについては買い替えて欲しいという気持ちもあります。

買い替えてくれた方が面倒な修理をしなくて済みますし…。そういう考えもあって、買い替えを進めるサービスマンも少なくないと思いますよ。

私は全部喋ったうえでお客さんに選んでもらっていますが、年数が経っている機械で熱交換器の交換はあまりオススメしません。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-修理料金

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.