石油給湯器の床置きタイプと壁掛けタイプの違い|給湯器のプロが徹底解説

修理のプロが徹底解説 石油給湯器の床置きタイプと壁掛けタイプの違い

多くの人はお家を建てた時、お家を買った時に床置きタイプの給湯器が取り付けられていたら「給湯器には床置きタイプしかない」と思っている人も少なくありません。

実は給湯器には壁掛けタイプというものもあり、床に置くタイプにするか壁に掛けるタイプにするかは選べるんです。中には「壁掛けタイプがあるならそっちがよかった」というお客さんもいます。これは現場によっては買い替えの際に鞍替えすることも可能です。

そこで今回は、石油給湯器における「床置きタイプと壁掛けタイプはどっちがいいのか」について解説していきたいと思います。

目次

結論:どちらかと言えば壁掛けタイプがおすすめ

こたろー

私の実家ではガス給湯器の壁掛けタイプを使用していますが、もし石油給湯器に替えることがあれば迷うことなく壁掛けタイプに変更します。ちなみに床置きも壁掛けも本体価格はほとんど変わりません。

特に希望を告げていない場合は「お家を建てた時に大工さんがそれを選定した理由」に関係していると思います。

多くは「安く手に入る給湯器のタイプがそれだった」とか「設置状況の兼ね合いでそっちの方が良いと判断された」かのどちらかではないでしょうか。

以下では、私が壁掛けタイプをおすすめする理由を詳しく解説していきます。

壁掛けタイプ給湯器のメリット

壁掛けタイプ給湯器のメリット
  • 壁掛けタイプなら床スペースを有効に使用できる
  • 燃焼音が小さい(石油給湯器のみのメリット)
  • 床置きタイプよりもメンテナンスがしやすい

上記3点は壁掛けタイプのメリットであり、床置きタイプのデメリットです。以下では一つずつ詳しく解説していきます。

スペースが広く取れる

家の中にボイラー専用の部屋があったり、あるいは家の外に設置されている場合はそこまで気にならないかもしれませんが、家の中に設置されている場合だと脱衣所に設置されているお家が多いです。

脱衣所が広いお家ばかりではないと思うので、少しでもスペースを有効活用したくありませんか?そんなときに壁掛けタイプであれば、高い位置に取り付けることが可能なので床のスペースは有効活用できます

床置きタイプは床が完全にデッドスペースになってしまいますし、手で煙突に触ってしまうリスクも伴います。小さいお子さんがいるというご家庭であれば、高い位置に設置できる壁掛けタイプの方が安心と言えるでしょう。

そして洗面所ではツッパリ棒などを使って洗濯物などを干しているというお家もありますが、床置きタイプの場合だと排気筒が邪魔になるので何かと使い勝手が悪いです。

燃焼音が小さい(石油給湯器のみ)

給湯器が設置されている場所によっては、お風呂に入っているときに給湯器の燃焼音が気になるという人も多いのではないでしょうか。ちなみに石油給湯器とガス給湯器で言えば、ガス給湯器の方が燃焼音は小さいです。そして現在、壁掛け石油給湯器のほとんどは気化式バーナが採用されていて、非常に燃焼音が小さくなるように設計されています。

床置きの給湯器から壁掛けタイプに買い替えたお客さんのほとんどが「給湯器の燃焼音が気にならなくなった!」と言ってくれるので、燃焼音に悩んでいるという人は壁掛けタイプの方がいいでしょう。

こたろー

灯油をガス状にして燃焼させると音が小さくなります。なので最初から気体のガス給湯器には関係のない話で、あくまで石油給湯器の気化式バーナー(=壁掛けタイプ)は燃焼音が小さいという意味です。

メンテナンスしやすい

これは完全に修理する側の目線ですが、壁掛けタイプのメリットというよりは床置きタイプのデメリットが目立つ部分です。見た目でもわかるように床置きタイプの給湯器は大きく、修理に来た業者が一人で持ち上げるのは難しい大きさ&重さとなっています。

例えば熱交換器からの漏水や熱交換器がすす詰まりをしている場合、もし洗面所に給湯器が設置されていたら修理する側としてはお家の中を汚すわけにいかないので、外に運んで修理したいと考えるのが普通です。

その時に一人で外に運べるかどうかは重要になります。私は毛布を敷いてその上に給湯器を乗せて、床に傷を付けないと約束して本体を引きずらせてもらったりもしますが、お客さんによってはそれも嫌がりますし、作業員が二人いた方が安心して運べるんですよね。

そうなると「後日、改めて二人で来ます」となってしまう可能性もないわけではありません。私の体験上、設置状況が悪くて即日修理完了できないパターンは、圧倒的に床置きタイプの方が多いです。

床置きタイプ給湯器のメリット

ここまでの流れだと「じゃあ床置きタイプはやめて壁掛けタイプにしよう!」と考えるユーザーが増えると思いますが、一応釘を刺すという意味でも床置きタイプのメリットについてご紹介します。

現時点で床置きタイプの石油給湯器を使用しているという人の中には「近所の水質が好ましくない」という方もいるかと思いますが、水質が好ましくない場合に給湯器本体から水漏れしにくいという意味では、貯湯タイプの給湯器が非常に優秀です。

そして貯湯タイプの給湯器には壁掛けタイプが存在しないので、このような場合は必然的に床置きタイプの貯湯ボイラーを取り付けるのが望ましいということになるでしょう。最近では地下水対応の貯湯ボイラーなんかも販売されていますが、読んで字のごとく「本体にお湯を貯めておくタイプの給湯器」なので、壁にかけられるような作りにはなっていません。

お住まいの地域の水質にクセがあるという場合、貯湯タイプの方が機器寿命が長くなって給湯器のコスパが良くなることが非常に多いです。床置きには「水質の影響を受けにくい貯湯タイプという選択肢がある」というのは非常に大きなメリットなので、地下水利用の方はぜひ参考にしてください。

まとめ

特に床置きタイプへのこだわりがなければ、壁掛けタイプがオススメ

設置状況によっては壁掛けタイプへの鞍替えや難しい場合もありますが、それ以外であれば床置きタイプよりも壁掛けタイプの方がおすすめです。

よほど煙突が長くなる場合を除けば値段にも大きな差はありませんし、金銭的な面で気になるのであれば両パターンの見積もりを貰ってもいいでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

給湯器や暖房機、ガスコンロ、IH、システムバス、システムキッチンなどなど。住宅設備を修理したり取付する仕事をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる