エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー370について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー370について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

E-370:気化サーミスタ異常

石油給湯器の壁掛けタイプに使用されている気化器の異常です。気化器とはバーナーと一体化になっており、液体燃料である灯油をガス状にするという特性を持っています。

この機能を有する給湯器は、リモコンの電源を入れると「予熱します」という音声が流れ、お湯が使用できるようになるまで1分~2分程度待たなければならないタイプの給湯器です。

気化サーミスタが機能しておらず、灯油をガス状にできない状態であればお湯を使うことができません。

「予熱します」と言ったっきり予熱が終わらない、あるいは電源を入れた瞬間にE-370などの表示がされるケースが多いです。

 

考えられる不具合の内容

バーナー不具合

リレー不具合

基本的には気化器(気化サーミスタ)の異常ということになるのですが、気化器はバーナーと一体化しているので、修理するとなればバーナーごと交換するということになります。

実際にE-370を出しているバーナーを外して確認してみると、熱で変形していたりすることもあり、経年劣化によって燃焼状態が良くなかったことが伺えるケースが多いです。

あとはリレーが原因でそうなってしまったという場合もあり、バーナーだけで済まないことも少なくありません。

ちなみに壁掛け石油給湯器のE-370は、給湯器全体の故障内容を見ても非常に多く見られる不具合の1つです。

多くの場合で原因は「バーナーの経年劣化によって燃焼状態が悪くなり、その負担が気化器にかかってしまった」というパターンが多いような気がします。

 

対処方法

お客様自身で対処できることはありません。

このエラーは「何も悪くないのに偶然に出ることがある」という内容のエラーではないため、早期に部品交換などの対処をすることで、被害を最小限に食い止めることができる可能性があります。

もし「電源を入り切りしたら使用できるようになった」という場合でも、すぐに使用できなくなる可能性が高く、あるいは騙し騙し使用することで熱交換器が詰まるなど被害が拡大してしまう恐れがあるので、直ちに修理依頼をするようにしてください。

 

修理金額の目安

バーナー部分だけで済めば30000円~40000円程度。バーナー+リレーで50000円~60000円が大体の目安でしょうか(機種によって部品代が多少前後します)。

燃焼状態が良くなかった状態で使用している期間が長ければ長いほど、熱交換器が詰まりを起こしている可能性があり、その場合は熱交換器の交換も必要になります。バーナー+リレー+熱交換器だと10万円コースです。

年数の経過している石油給湯器で、お客様が買い替えを検討する内容で最も多いエラーの1つと言っても過言ではありません。

 

エラーコード一覧

ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.