エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー140について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー140について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

E-140:過熱防止装置作動

統計的に見ても非常に多いエラーで、過熱防止装置という安全装置が作動することによって出るエラーです。

過熱防止装置とは、お湯が作られる熱交換器や、火が付くバーナー部分など熱くなる部品近辺に取り付けられており、それらの部品が異常に熱を持った場合に反応して燃焼を止めるという役割を持っています。

ちなみに部品自体はヒューズのようになっており、熱に反応して破壊されるタイプの部品のため応急処置は難しいです。仮に電源を入り切りして使えるようになったとしても直ちに業者を手配することをオススメします。

過熱防止装置は、別名:温度ヒューズとも呼ばれます。

 

考えられる不具合の内容

過熱防止装置自体の不具合

過熱防止装置作動の不具合

上記の2つの理由は似て非なるもので、前者か後者かによって内容が大きく変わってきます。

分かりやすく言うと「安全装置が壊れたのか、別の部品が悪くて安全装置が作動したのか」の2パターンです。

幸か不幸か、この過熱防止装置というのは危険な状態の何歩も手前で作動するように作られており、良く言えば非常に安全、悪く言えば石橋を叩きすぎな部分があります。

給湯器が経年劣化してくると、危険な状態でなくても温度ヒューズ自体が壊れてしまうことが多いため、私たちも常に部品を持ち歩いているほど多い故障内容と言えるでしょう。

 

対処方法

このエラーに関してはお客様自身で対応できることはありませんので、直ちに修理業者を手配してください。

温度ヒューズの接触不良の場合は、電源の入切で使用できるようになることもありますが、いずれにしても完全に断線してしまうと全くお湯が使えなくなってしまうため、早急に修理依頼をすることをおすすめします。

 

修理金額の目安

過熱防止装置の不具合であれば、過熱防止装置だけを交換してあげることで解決します。この場合は部品代および作業料などすべて含めても2万~3万円以内で落ち着くことが多いです。

ただし過熱防止装置は基本的に1つの機械に複数取り付けられており、1つが自然に壊れたのであれば他もすぐに壊れることが簡単に想像できるので、基本的にはまだ壊れていない過熱防止装置も劣化していると判断して交換することが多いと思います(状況によりますが)。

一方で、他の部品が原因で過熱防止装置が作動した場合は、過熱防止装置が作動してしまった原因を取り除かなければなりません。

そして過熱防止装置が作動する場合は熱交換器やバーナーなどの高額な部品に異常があることが多いので、この場合は高額修理待ったなしです。

自分で修理するわけでもない業者は、現場も見ていないくせに「このエラーは温度ヒューズだから10000円ちょっとで直るよ」と無責任なことを言う場合がありますが、E-140は重い症状と軽い症状の差が激しいので、プロがしっかりと診断しない限りは正確な金額は出せないことが多いのでご注意ください。

参考エラー番号だけでは給湯器の修理料金は判断できません

 

エラーコード一覧

ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.