ノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー120、121、123について

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー120、121、123について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

目次

エラー内容

  • E-120:燃焼制御装置異常(途中炎非検知)
  • E-121:給湯立ち消え安全装置作動(炎非検知)
  • E-123:暖房立ち消え安全装置作動(炎非検知)

初っ端の点火が出来ない場合は「E-110、E-111、E-113」でしたが、今回のエラーは初っ端の点火はできるけど何らかの原因でそれを持続できずに途中で火が消えてしまうというエラーを指します。

数あるエラーの中では診断も難しいことが多く、総じて厄介なエラーであることも少なくありません。

 

考えられる不具合の内容

  • 燃料切れ、または燃料のエア咬み
  • 燃料系統不具合
  • 施工不良等による酸欠

例えば「最初に120、電源を入り切りして使用してみたら今度は110」という場合であれば、燃料切れの可能性があります。また、それに気付いて急いで給油したとしても、配管内に空気が入ってしまったことによりE120やE-123が出ることは多いです。

あとは電磁弁不具合によって一定量の燃料を供給できずに燃焼が追い付かないパターンや、バーナー部詰まり等によって「点火はできるけど、それを維持するのが難しい」というパターンも大いにあり得ます。

あとは「取り付けたばかりなのにこのようなエラーが出る」という場合は、外に設置していて機器本体を囲っているために酸欠になっているパターンが多いです。

 

対処方法

  • 石油機器であればオイルタンク残量の確認
  • ガス機器であればメーターの確認
  • 囲いによる酸欠、煙突の破損等の確認

燃料の確認はもちろん、意外と多いのが雪国にお住いの場合だと「落雪によって煙突が潰され、酸欠になっているケース」や「排気口周りに雪の壁が出来ていて酸欠になっているケース」です。

煙突が潰れてしまった場合は煙突の交換が必要になるので、お客様自身での対応は難しいように思いますが、雪が積もって邪魔になっている、あるいは機器本体を囲っているせいで排気が籠っているなどの場合は、問題を取り除いてやることで改善する可能性があります。

基本的に120、121、123は「騙し騙し使用することで、症状が悪化してしまうケース」が非常に多いので、早急な対応を心掛けることをオススメします(煙突が潰れた状態などでずっと使用すると、不完全燃焼の状態が続いて機器内に詰まりができたりするため)。

 

修理金額の目安

ピンキリですが、早期発見で助かる場合もあれば長時間放置したことによって大惨事になってしまうことも。

また110等と一緒でオイルタンクの交換が必要になったり、121と一緒でコンプレッサーによる掃除だけで直る場合もありますが、いずれにしても早期発見、早めの診断が重要なエラー番号です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

給湯器や暖房機、ガスコンロ、IH、システムバス、システムキッチンなどなど。住宅設備を修理したり取付する仕事をしています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ノーリツGT-2428SAWXですが、追い炊き中にメインバーナーに着火すると、一時的に
    立ち消えを検出し消火となりますが、再度点火しその後は正常となります。(お湯が一時冷たくなる)追い炊き中でなければ問題ありません。ガス2次圧が低いのが原因でしょうか?

    • 久野さん、ご質問ありがとうございます。

      追い炊きのみ、給湯のみ→問題なし
      追い炊き中に給湯→給湯側が途中失火するケースがある

      おっしゃる通りガス二次圧が原因というケースも十分に考えられます。
      実際に見てみないと何とも言えませんが、GT-2428SAWXは確か1缶2回路だったと思うので、燃焼管が詰まっている可能性も高いです。

コメントする

目次
閉じる