エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー110、111、113について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器や暖房機)のエラー110、111、113について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

  • E-110:燃焼制御装置異常(初期炎非検知)
  • E-111:給湯点火不良(初期炎非検知)
  • E-113:暖房点火不良(初期炎非検知)

点火動作に入るものの、最初の火が付けない状態で検出されるエラーです。

基本的には石油給湯器でE-110、ガス給湯器でE-111、暖房機だとE-113となります。

 

考えられる不具合の内容

  • 燃料切れ
  • 燃料系統不具合
  • 点火不具合

 

燃料不足によるエラーの場合

まず疑うべきは燃料切れです。燃料がないと最初の点火ができないので、何度目かの点火動作(機種によって異なる)で、点火できなければエラーを出します。

ちなみに石油給湯器において燃料切れを引き起こしてしまった場合は、エア抜きをしない限りはE-110やE-120などのエラーが頻出する点についても注意してください。

ガス給湯器であれば、ガスメーターで遮断されていないかどうかをチェックしましょう。

 

燃料不備によるエラーの場合

あとは燃料の質が悪い場合(灯油に水が混じっている場合)も考えられます。

特にホームタンクの使用年数が経っていて、これまでに一度も水抜きをしたことがないという状況であれば、灯油に水が混じっている可能性もあるでしょう。

この場合は、ホームタンクのストレーナや給湯器のオイルストレーナを確認すると、フィルターが錆まみれになっていたりするので分かりやすいです。

 

その他の原因によるエラーの場合

オイル電磁弁、ガス電磁弁などの燃料通路部部品が故障している可能性。電磁弁が動かなければ、バーナーに燃料を噴出できないため、火が付くことができません。

他にはバーナー部に詰まりがあって点火できない場合や、点火しているのにも関わらずそれを検知できないケース、そもそも点火装置が動かないケースなど多岐に渡ります。

あとは点火に関する制御部品や、基盤不具合のために点火エラーを出しているケースも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

対処方法

  • 石油機器であればオイルタンク残量の確認
  • ガス機器であればメーターの確認

燃料不備であればお客様で対策が可能です。

石油機器の場合はオイルタンク残量を確認してください。ごくまれに「タンクを外から見ると残量があるように見えるが、実はメーター(フロート)が壊れていて実際には空っぽ」というケースもあるため、できれば蓋を開けて目視するのが望ましいです(他にストーブなどの石油機器が正常動作しているのであれば、この限りではない)。

ガスの場合はメーターで遮断されていないかどうかが確認の対象になります。もしガスコンロをお使いであれば、コンロが正常に動作するかどうかを確認してみるのも1つです。もし「ガスコンロは正常に動くけど、ガス給湯器はE-111」という場合であれば、給湯器の不具合である可能性がグッと高くなります。

 

修理金額の目安

燃料不備などであればお客様自身での対応も可能ですが、機器の不具合となるとピンキリです。

特に石油機器の場合で「灯油に水が混じっていた場合」であれば、燃料通路部の全交換になることが考えられるため、そうなると修理費用は高くなるでしょう。場合によってはオイルタンクの交換なども必要になってきます。

ガス給湯器の場合であればバーナー部の詰まりであることが多く、この場合はコンプレッサーで掃除して大丈夫な場合もあれば、部品交換が必要なほど重要なケースも。

いずれにしても、点火不具合のエラーについては簡単に直る場合とそうでない場合の差が大きなエラーになるので、実際に診断してみないことには詳しい修理金額の目安は分からないでしょう。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.