エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(暖房機)のエラー043について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー043について、考えられる内容を解説していきます。

 

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

 

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

E-043:暖房渇水検出

暖房給湯器の不凍液が不足している場合や空気が咬んでいる場合にエラーが出ることがあります。

 

単純に不凍液が不足している場合はもちろんですが、たまたま配管内に咬んでいる空気部分を検出してしまった場合にもエラーが出ることがあるので、頻繁にエラーが出る場合でもなければ問題ないことも少なくありません。

 

頻繁に出るようになったり、電源を切ってもエラー番号が消えないようになった場合については、不凍液が不足しているという見解でほぼ間違いないでしょう。

 

考えられる不具合の内容

  • 不凍液の不足
  • 不凍液の漏れ

半密閉式(お客様自身で不凍液を補充するタイプの配管方式)であれば、使用しているうちに徐々に不凍液が減っていくので、それが原因となっているケースがほとんどです。

 

密閉式(お客様自身で不凍液の補充ができないタイプの配管方式)の場合は基本的に不凍液が減るということは考えにくいので、何かしらの原因で圧力が低下している場合やエア咬み、あとは機器本体の暖房水通路部や暖房配管からの不凍液漏れの可能性が考えられます。

 

対処方法

半密閉式(お客様自身で不凍液を補充するタイプの配管方式)であれば、機器本体の中のリザーブタンクが見えると思うので、そのリザーブタンクに不凍液が入っているかどうかを確認しましょう。

 

給湯器の外側にものぞき窓のような部分がありますが、ここから中の様子を確認するのは見えにくいということもあるので、フロントカバーくらいなら外してみるとか(正面が2本のビスで留められているだけなので、ドライバーでビスを取るだけ)、あとはライトを当てたりしても見えやすくなるのではないかと思います。

 

不足している場合は不凍液を補充してあげれば問題ありません。

ただし不凍液にも幾つかの種類があり、設置業者によっては純正の不凍液を使用していないケースもありますから、別の不凍液を混ぜてしまわないような注意は必要です。

 

使用している不凍液の種類がわからない場合、補充の仕方がわからない場合、あるいは密閉方式で施工されている場合はお客様自身での対応は難しいと思うので、修理業者に依頼すると良いでしょう。

 

※応急処置であれば水を足してやることで動くようになりますが、不凍液の成分が薄まってしまうことによって本来凍らないはずの液が凍るようになってしまうなどのリスクは覚悟しなければなりません。

関連記事暖房ボイラーのエラー043で水を足すことのリスクを説明する

 

修理金額の目安

不凍液の不足だけであれば、不凍液を用意するだけで解決します。

お客様自身で補充の仕方が分かっている場合、そしてメーカー純正の不凍液だとハッキリしている状態であれば、メーカーサービスに電話することで不凍液を配達してくれると思います。

 

当社の場合は、不凍液をお渡しするだけであれば出張料はいただかず、あくまで不凍液のみの代金を頂くカタチになるので、出張料などの余計な費用が掛かってしまうことが不安だという人は、お住まいの地域の業者に相談してみるといいですよ。

 

なお、不凍液の種類によってはホームセンターに置いてないものも多いので、注意が必要です。

 

最後に

ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

アドセンス

アドセンス

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2018 All Rights Reserved.