暖房ボイラーの不凍液|5年に1回全交換がおすすめ

暖房ボイラーの不凍液 最低でも5年に1回は全交換するのがおすすめ

 

暖房ボイラーを使用している人の中には「不凍液を交換する必要性を知らない」という人もいます。実は取り扱い説明書には「不凍液(循環液)は3年に1度交換してください」という文言が書かれているのですが、それを知らないというユーザーは非常に多いです。

一応、弊社では施工日に説明することにしていますが、施工時に説明を受けなかったお客さんもいれば、施工時に説明は受けたにも関わらずそれを忘れてしまっているお客さんもいることでしょう。

 

正直言って3年に1度、不凍液を全交換するというのは「石橋を叩きすぎ/メーカーのエゴ」とも思うわけですが、修理業者の立場としては「暖房ボイラーを10年使用するんだとしたら、その折り返しの5年時点で不凍液を入れ替えて欲しい」とも思うわけです。

今回は「暖房ボイラーにおける、不凍液を交換することの必要性」について書いていきます。

目次

不凍液とは?

 

冬が近くなってくると、ホームセンターなどで上記画像のような光景を見たことがありませんか?不凍液とは水よりも遥かに凍りにくい液体のことで、多くの暖房機で使用されています。

不凍液には多くの種類が用意されており、何の不凍液が使われているかは現場によって異なります。これは人間で言うところの「血液型の違い」と思えば分かりやすいでしょう。

 

暖房システムは「暖房ボイラーで温められた不凍液が家中を巡ることによって暖房をして機能する」というシステムになっており、暖房端末が「パネルヒーター/床暖房/ファンヒーター/浴室乾燥機」のどれであっても基本は一緒です。

極論を言えば、熱い液体が流れればOKなので水でも問題ありません。ただし、本当に水を使用してしまうと暖房機を動かしていない時に凍ってしまう恐れがあるため、水よりも凍りにくい不凍液を使用することがほとんどです。

 

そしてそれらの不凍液は原則として混ぜることができないため、自分の家の不凍液が何なのかを知らないお客さんが、ホームセンターから不凍液を買ってきて補充するという行為は極めて危険です(半密閉式の場合はお客さん自身での補充が可能)。

ちなみに暖房ボイラーのメーカーと暖房端末のメーカーが違うという状況は結構多いので、単純に「ファンヒーターが富士通製だから、富士通製の不凍液を入れよう!」と考えると痛い目に遭うこともあるので、何の不凍液が使用されているかは施工店に確認しましょう。

 

不凍液を交換しないとどうなるか

暖房配管(暖房水通路部)が破裂する恐れがある

 

不凍液はその名の通り「凍らない液」なのですが、その不凍性は経年劣化で少しずつ品質が落ちていきます。「本来なら凍らない性質を持っているものが、徐々に凍りやすくなっていく」ということです。

水は凍ると膨張するため、配管内を満たしている水が凍ってしまうと多くの配管はその膨張に耐え切れずに破裂してしまいます。

 

使用している最中は循環液も温められているので問題なくても、例えば真冬に2~3日家を空けるなんて時に、暖房ボイラーを付けっぱなしにするというわけにもいかないですよね?

そうすると家に帰ってきて暖房ボイラーを動かそうとしたら、暖房水渇水のエラー(E-043)を出して機械は動かず「床下でジャブジャブ循環液が漏れた跡が…」という最悪の事態になってしまうことも考えらえるでしょう。

関連記事ノーリツ製ボイラー(暖房機)のエラー043について

 

暖房配管(暖房水通路部)が腐食する恐れがある

 

不凍液には配管を腐食させないという性質もあります。水は金属を錆びさせますが、不凍液にはそのような性質はありません。しかし劣化が進んでくるとその性質は失われてくるので、配管を腐らせてしまう可能性が出てくるというわけです。

これによってボイラー機器内の熱交換器から循環液が漏れてきたり、パイプから水が漏れてきたりしてしまうリスクが高くなります。まだ暖房機器内の部品から漏れてくる程度ならいいのですが、お家の中の床下配管から漏れてくるなんてことになったら、その修繕作業は大変なものになってしまうでしょう。

1番危惧しなければならないのは「床暖房配管での腐食・漏水」ですが、そこまで至らなくても「暖房ボイラー本体とファンヒーターの両方が腐食」というパターンも十分な痛手になりますので、せめて5年に1回は総入れ替えすることをおすすめします。

不凍液の交換時期は何年に1度が目安?

メーカー的には3年に1度に全交換を推奨している

 

暖房水(不凍液)は3年に1度、機器指定の不凍液に交換してください。

 

暖房水(不凍液)は交換が必要ですか?

 

上記はノーリツという給湯器メーカーの公式サイトから引用してきた文章とキャプチャー画像です。よくある質問のコーナーに「暖房水(不凍液)は交換が必要ですか?」という質問が掲載されていました。そしてメーカーが言う不凍液の交換時期というのは、3年に1度だそうです。

ハッキリ言って不凍液の交換も決して安くはないですし、当社が請け負っている地域でここまでの高頻度で不凍液を総入れ替えしているという家庭はほぼありません。

 

さすがに10年間で1度も交換していないという場合は、何かしらの腐食や暖房機の故障に繋がっているケースを見ますが3年~5年で1度交換すればいいのではないかと思います。

暖房ボイラーを10年使用するとすれば折り返しが5年時点ですから、ここで不凍液を総入れ替えしておけば、不凍液が原因の大きな故障は防げるでしょう。

 

不凍液交換にかかる費用はどのくらいか

不凍液入れ替えの費用については、暖房端末の種類や規模によって変わってくるので一概には言えません。戸建ての場合は1階だけでなく2階にまでパネルヒーターなどが設置されていることもありますし、暖房端末が床暖だけという場合もあれば、パネルヒーターが複数枚というケースも。

いずれにしても不凍液自体が2リットルあたり2000円くらいしますし(大容量で買うほど安くなることが多い)、暖房端末によってはエア抜きなどの作業が必要になるので、多くの場合で最低でも3万円以上はかかるのではないかと思われます。

床暖と2枚~3枚くらいのパネルヒーターという規模でも、不凍液の費用が5万円を超えるケースも珍しくありません。1階と2階にパネルヒーターが10枚以上なんて場合は、5万円~10万円くらいになることが多いでしょう。

 

密閉式と半密閉式で状況は大きく変わる

 

暖房配管の配管方式には密閉式と半密閉式の2種類があります。よく「不凍液の補充って自分でできるものなの?」と言う人がいますが、ユーザー自身で不凍液補充が出来る場合は密閉式配管で施工されていることが多いです。

密閉式の配管であれば、原則としては不凍液が外気に触れにくいので劣化しにくいです。そのため、個人的には「密閉式配管なら、半密閉式ほど不凍液の交換に関して神経質になる必要もない」と思います。

 

これを言うと「じゃあ密閉式の方がいいじゃん」と思う人がいるかもしれませんが、密閉式の場合は膨張タンクや圧力ゲージなどを用意しなくてはならないので初期費用がかかりますし、暖房端末によっては半密閉式でないとならない場合もあるため、一概にどちらがいいか悪いかという問題でもありません。

関連記事給湯暖房機、暖房ボイラーにおける「密閉式、半密閉式の違い」とは?

 

まとめ

不凍液を毎年補充ばかりしている人は、5年に1度でいいので総入れ替えを

 

メーカーが説明書に書いている3年に1度というのは少し大げさな気がするものの、10年使用するのであれば折り返しの5年時には総入れ替えするのが理想です。

劣化した不凍液を使用することで大惨事に繋がってしまう可能性もそうですが、熱効率が低下して燃費も悪くなることがあるので、劣化してきたら(年数が経ってきたら)交換してあげるのがいいでしょう。

事前に「不凍液を交換する場合の見積もりを知りたい」という内容でメーカーに問い合わせれば、見積もりだけなら費用が発生しないケースもありますので、気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

給湯器や暖房機、ガスコンロ、IH、システムバス、システムキッチンなどなど。住宅設備を修理したり取付する仕事をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる