ネットで修理・買替

家庭用設備の修理をメーカーでなくネット業者に頼むことのメリット・デメリット

更新日:

リンク広告

最近はメーカーに頼まずに、ネットで修理業者を検索して依頼するという人も増えてきました。

私はとあるメーカーの名前を背負って修理業務に携わっていますが、有名な業者から知名度の低い業者まで実に様々な業者の名前を聞きます。

 

そして簡単な修理や交換作業となると、メーカーに頼むよりも他のネット業者に頼む方が安かったりするんですよね。

そこで今回は、私が考える「家庭用設備の修理をメーカーでなくネット業者に頼むことのメリット・デメリット」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ネット業者とは?

GoogleでもYahooでも何でもいいのですが、例えば水漏れで悩んでいる場合は「水漏れ 修理」と検索すれば、山のように業者が出てきます(山のようには言い過ぎかも)。

そのページを見ると大まかな料金体系を知ることができ、自分が悩んでいる症状に合致するものがあるかどうかなども、事前に調べることができるんです。

中にはチラシを配ったり、地元紙に広告を載せていたり、CM放送なんかで知名度を爆発的に上げている業者もありますが、ほとんどは名前を聞いたことのない業者が多いと思います。

 

メーカーでなくネット業者に頼むことのメリット

金額的に安いことが多い

多くの場合で、本来のメーカーサービスに頼むよりも修理金額が安くなることが多いです。それも微々たる金額ではなく、結構な差が開くことも少なくありません。

やはりメーカーのサービスは、いわゆる公認されているスタッフが修理をするので、多くの場合は安心して任せられるんですね。ただしネット業者となると、中には「ここに任せても大丈夫なんだろうか…」という不安が付きまとうのではないかと思います。

 

そんなハンデがある状況で、メーカーのサービスと同じ料金体系でやったのでは勝ち目がありませんから、往々にしてネット業者は金額的に安いことが多いです。

ちなみに大々的な広告を出したりCMなどで名前が有名になっているような業者は、広告費用が掛かっているせいかそこまで安いという印象はありません。

不安かもしれませんけど、無名なところほど料金は安い傾向にあると思います。

 

融通が利く

例えば今使用している設備に不満がないのであればいいですが、中には「次は別のメーカーにしよう」と思う事ってありませんか?

例えばシャワーが割とすぐ壊れてしまった場合なんかだと、その思いが強くなるという人も多いでしょう。

そんな時にメーカーのサービスを呼んだとしても、まず他のメーカーの評判を聞くことはできません。あくまで自社製品の中からオススメを教えてくれるだけです。

 

一方でネット業者の多くは、色んなメーカーの製品を幅広く扱っているので、別のメーカーに替えたいという相談にも乗ることができます。

もしかすると「このメーカーのこのシャワーが評判いい!」という情報も教えてくれるかもしれませんよ。

 

メーカーでなくネット業者に頼むことのデメリット

ネット業者のほとんどは広く浅く

全ての不具合がネット業者で対応できるのであればメーカーサービスの存在意義は無くなってしまうわけで、不具合の内容によってはネット業者で対応することはできません(できないと思う)。

例えば給湯器、電気温水器、IH、ガスコンロなどの修理となると、多くの場合でメーカーサービスでないと対応が難しいのではないかと思われますね。

ただしここに関しては、それぞれの業者のホームページを見ると「対応できるトラブル内容一覧」のようなものがあるので、それを参考にしてみると失敗せずに済むでしょう。

 

スキルに不安が残る

もちろんネット業者の中にも高いスキルを持った人は沢山いますが、地雷を引いてしまう可能性はメーカーサービスに比べて遥かに高いです。

例えば給湯器の取り換えをネット業者に依頼したというお客さんが、取付後にすぐ不具合が起きて困っているという現場に何回か行ったことがあるのですが、プロと呼ぶのには恥ずかしいような施工状況だったということがあります。

水栓やトイレならまだいいですけど、給湯器は取り付け方が悪いと故障に繋がるケースも少なくないので、そういう意味では業者によってはレベルが低いこともあると言わざるを得ません。

 

業者の紹介

株式会社クリーンライフ


  • 修理料金は一律2500円~
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 出張料、見積もり無料
  • 各種キャンペーンも充実
  • 対応エリア:関東地方、関西地方、東海地方を広範囲に渡ってカバー

ネットで依頼できる水道業者の中では、非常に広範囲の地域をカバーしている業者です。関東圏、関西圏にお住いの方であれば、対応エリアになっている可能性も高いと思います。

料金形態は一律2500円~ということなので、どういう状況によってこれに料金が上乗せされていくのかは不明ですが、見積もり依頼や出張料は無料とのことなので、実際に見てもらうだけでも価格の相場を知るのには有効な手段だと言えるでしょう。

キャンペーンも充実していて、フリーダイヤルの電話で依頼をする際に「ホームページを見た」で工事代金が3000円割引になるようです。

 

【関連記事】

水回りの不具合に困ったら水道トラブル専門店【クリーンライフ】へ

 

株式会社ライフサポート



  • 修理料金は一律5000円+作業費・材料費
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 出張料、見積もり無料
  • 各種キャンペーンも充実
  • 対応エリア:東京23区を始めとする関東区域、関西区域一部、東北区域一部

基本料金は一律5000円+作業費・材料費ということなので、一見すると高いような印象もありましたが、公式HPから申し込むと「3000円割引キャンペーン」などが充実しているので、実際にはこれよりもだいぶ安くなるという印象です。

対応エリアが限られてしまうものの、東京23区や関東地方は広くカバーされているので、ここにお住いの方で水のトラブルで悩んでいる人は、とりあえず見積りを出してもらうのもいいでしょう。

 

水の救急サポートセンター



  • 細分化された料金表が公式ページに掲載
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 一部地域のポンプの不具合にも対応
  • 点検・見積もりのみは無料だが、遠距離の場合は出張料が発生(事前に教えてくれる)
  • 対応エリア:全国レベルで広範囲をカバー

多くの業者に見られる「料金は一律〇〇円~」という表記ではなく、トイレの詰まりなら〇〇円、水栓の水漏れなら〇〇円と、ある程度の細分化した料金表を公式ページに掲載してくれているのが良心的だと感じました。

あとはカバーしている範囲がとにかく広いです。多くの業者は「関東だけ」「関西だけ」という業者も少なくないのですが、ここは北は北海道、南は沖縄まで幅広くカバーしています。担当店舗から現場まで距離がある場合は、見積もりをするのにも出張料が発生することもあるようですが、これについては訪問する前に必ず教えてくれるそうです。

別料金は掛かりますが、夜9時以降の修理にも対応しているようなので、どうしても仕事が休めないという人にはおすすめです。

 

まとめ

深く狭くならメーカーだが、浅く広くならネット業者でもアリ

見積もり無料の会社も多いので、相談してみる価値はある

正直言って配管からの水漏れくらいなら、ちょっとDIY好きのお父さんで十分対応できる内容なんですよ。それにメーカーサービスを呼ぶと、最低でも出張作業料で5000円以上かかってしまうんですね。

こういう内容で、どうしても自分で対応できないという人がいれば、ネットで仕事を請け負っている業者に依頼すれば手っ取り早く安く済ませることができるはずです。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-ネットで修理・買替

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.