ネットで修理・買替

シャワーからの水漏れなどの不具合は給湯器のメーカーではなく水道屋へ

更新日:

リンク広告

「シャワーからポタポタお湯が漏れてくる」という場合に、給湯器のメーカーに修理を依頼してくるお客さんが一定数います。

実はこれ、給湯器のメーカーに依頼するよりも、シャワー水栓のメーカーか水道屋さんに依頼したほうが話が早いんです。

 

コンタクトセンターでは「来る者拒まず」という風潮が強いので、自社製品の不具合という可能性が低かったとしても、一応見に行くというスタンスなんですよね。

そして出張点検料をいただくという…。

 

メーカーは「困っているお客さんの所には顔を出す親切」と謳っているものの、私としては「事前にちゃんとした窓口を教えてあげることが親切なんじゃないの?」と思ったり。

そこで今回は「シャワーからの水漏れなどの不具合は、給湯器のメーカーではなく水道屋へ」というタイトルで話を進めたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

シャワーからの水漏れはシャワーのメーカーか水道屋へ

今回の例は分かりやすい例を挙げたので、多くの人は「シャワーから水(お湯)が漏れてるんだから、それはシャワーの問題でしょう」と気付くと思います。

しかし、中には「シャワーから液体が漏れてくる=シャワーで使うのはお湯=お湯を作っているボイラーの故障だ」と思う人もいて、給湯器のメーカーに依頼をしてくることがあります。

 

給湯器のメーカーサービスも、水栓の交換くらいは普通にできる人が大多数ですし、簡単な部品の交換もできますが、それをやるかどうかは微妙です。

 

例えばノーリツのユニットバスが付いてて給湯器がリンナイだったら、多分リンナイのサービスは「これはノーリツに連絡してください」って言うと思うんです。

(ノーリツのユニットバスを採用している家の給湯器がリンナイってことは考えにくいですが)

 

そしてその場合の診断は「自社製品異常なし、他社製品が原因による不具合」となり、多くの場合で出張料が発生するのではないかと思います。

 

水道屋ならメーカー問わずに修理できることが多い

少し言い方が悪いかもしれませんが、給湯器やガスコンロの中身に比べたら、水栓やトイレの構造は非常に単純なので、そのメーカーの専門家でなくても修理ができます(できることが多いです)。

「じゃあ給湯器のメーカーだってシャワー直せよ」と思うかもしれませんが、メーカーの名前を背負ってしまうと、後々のトラブルになった時(例えばお客さんを取った・取ってない等)に大問題に発展するケースがあるんです。

 

そういうリスクを背負うくらいなら、最初から「それには専門の業者がいるので、そちらを頼ってください」となるケースが少なくありません。

もちろんパッキンの交換など簡単に直るようなものなら修理する場合もありますが、設備業界には「人の畑を荒らすな」という暗黙の了解があります。

そのため、パーツリストと睨めっこして部品を取らなければならないような場合は、当社の場合は他の業者さんに回す事が多いです。

 

水道屋には見積もり無料の所も多い

水道屋さんの中には、見積もり無料や出張料無料を謳っている所も多いです。それに対してメーカーはと言うと、保証期間内でもない限りは原則として出張・診断料がかかります。

そういう意味では「メーカーは最後の手段にして、まずは見積もり無料の業者に見てもらう」というのが賢い方法かもしれません。

 

私が見ている限りでは、メーカーによってある程度の金額が決められているメーカーサービスよりも、水道屋さんに頼んだ方が安く修理できることが多いと感じています。

 

業者の紹介

株式会社クリーンライフ

  • 修理料金は一律2500円~
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 出張料、見積もり無料
  • 各種キャンペーンも充実
  • 対応エリア:関東地方、関西地方、東海地方を広範囲に渡ってカバー

ネットで依頼できる水道業者の中では、非常に広範囲の地域をカバーしている業者です。

関東圏、関西圏にお住いの方であれば、対応エリアになっている可能性も高いと思います。

 

料金形態は一律2500円~ということなので、どういう状況によってこれに料金が上乗せされていくのかは不明ですが、見積もり依頼や出張料は無料とのことなので、実際に見てもらうだけでも価格の相場を知るのには有効な手段だと言えるでしょう。

 

キャンペーンも充実していて、フリーダイヤルの電話で依頼をする際に「ホームページを見た」で工事代金が3000円割引になるようです。

 

株式会社ライフサポート



  • 修理料金は一律5000円+作業費・材料費
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 出張料、見積もり無料
  • 各種キャンペーンも充実
  • 対応エリア:東京23区を始めとする関東区域、関西区域一部、東北区域一部

基本料金は一律5000円+作業費・材料費ということなので、一見すると高いような印象もありましたが、公式HPから申し込むと「3000円割引キャンペーン」などが充実しているので、実際にはこれよりもだいぶ安くなるという印象です。

 

対応エリアが限られてしまうものの、東京23区や関東地方は広くカバーされているので、ここにお住いの方で水のトラブルで悩んでいる人は、とりあえず見積りを出してもらうのもいいでしょう。

 

水の救急サポートセンター



  • 細分化された料金表が公式ページに掲載
  • 各種水漏れ、詰まりなどのトラブルに幅広く対応
  • 一部地域のポンプの不具合にも対応
  • 点検・見積もりのみは無料だが、遠距離の場合は出張料が発生(事前に教えてくれる)
  • 対応エリア:全国レベルで広範囲をカバー

多くの業者に見られる「料金は一律〇〇円~」という表記ではなく、トイレの詰まりなら〇〇円、水栓の水漏れなら〇〇円と、ある程度の細分化した料金表を公式ページに掲載してくれているのが良心的だと感じました。

 

あとはカバーしている範囲がとにかく広いです。多くの業者は「関東だけ」「関西だけ」という業者も少なくないのですが、ここは北は北海道、南は沖縄まで幅広くカバーしています。

担当店舗から現場まで距離がある場合は、見積もりをするのにも出張料が発生することもあるようですが、これについては訪問する前に必ず教えてくれるそうです。

 

別料金は掛かりますが、夜9時以降の修理にも対応しているようなので、どうしても仕事が休めないという人にはおすすめです。

 

まとめ

機械のことはともかく、目に見える部分からの水漏れなら水道屋の方がおすすめ

 

水漏れとは言っても、例えば「給湯器の内部から水漏れ」「ウォシュレットを使用した時だけ水漏れ」などの場合はメーカーに頼んだ方がスムーズだと思いますが、配管のつなぎ目やカランからポタポタ水が漏れてくるなどの場合は、水道屋に頼んだ方が早くて安いと思います。

 

また、シャワー水栓を丸ごと交換するという場合も、メーカを頼るより水道業者の方が安くできることが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-ネットで修理・買替

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.