Q&A

「エラーが出ていないのに給湯器が悪いことってあるの?」に答える

投稿日:

リンク広告

お湯の蛇口を開けてもお湯が出ない…でも給湯器のリモコンにエラーは出ていない…。

「エラーが出ていないんだから給湯器は悪くないのでは?」と思う人がいたとしたら、それは間違いです。給湯器には故障した際に故障個所を示すエラー番号を表示させる機能がありますが、それは絶対ではありません。

今回はエラーが出てないのに給湯器に不具合がある場合の一例を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

エラーがでない場合とは?

とんちのような話にはなってしまいますが、まず給湯器のコンセントが刺さっていなければエラーはでません。「リモコンの電源が入らない」という依頼で修理訪問し、単にコンセントプラグが抜けてただけという事例が、これまでに何回かあります。

あとは「機械が不具合と認識していない場合」にエラーが出ません。以下で詳しく解説していきたいと思います。

 

機械がエラーを出さない不具合の代表例

電源が勝手に落ちる

伝送系統の不具合はエラーを出さないことが多いです。よく見るのは「給湯器の電源を消してないのに勝手に消えることがある」というパターンです。

基板やリモコン、リモコン線の接触不良などが考えられますが、よほど頻繁に症状が現れない限りは確信が持てず「電源を付けてたと思ってたけど気のせい?」と少し不思議な感覚になったというお客さんも多いですね。

ちなみにリモコンなどは完全に壊れてしまえば全く付かなくなりますが、完全に壊れる前兆や2つあるリモコンのうちの片方が壊れている場合などはこういうケースが多いです。

 

蛇口が開いたと認識できない場合

給湯器の燃焼動作は、お家の中のどこかの蛇口が開いた時に水流を検知して点火動作に入ります。蛇口を閉じている時は、水の流れはありませんから点火動作に入りません。

給湯器の中には水流を検知する部品が付いており、お家の中のどこかでお湯を使おうと蛇口を開けると、それを検知して「お湯を使おうとしてるよ!」と給湯器本体に教える部品があるんです。それを受けて、給湯器は点火動作に入るんですね。

この部品も明らかにおかしな流量を検知した場合はエラーを出すのですが、流量が全く検知できなくなった場合はエラーを出さず、単に「蛇口を開けてお湯を使おうとしているのに、それに気付かない状態になるだけ」なんです。

そのため症状としては、リモコンの電源を入れてお湯の蛇口を開けても水しか出てこず、給湯器本体を見てもうんともすんとも言わないという症状になります。

 

蛇口から出てくるお湯がぬるい

「エラーが出てないのに給湯器のお湯がぬるい」で考えられる不具合の内容について

設定温度が40℃だとして、蛇口から出てくる温度が明らかにぬるいことがあります。それは給湯器が悪いとは限らず、給湯器以外の不具合としては「水栓からの水逆流」という原因が多いのですが、当然ながら給湯器が悪い場合もあります。

給湯器の不具合の場合は、主に温度調整をしている部品の不具合であることが多いのですが、これに関してはエラーを出す場合とエラーを出さない場合があるので、ユーザーからすると少し厄介な症状かもしれません。

大まかな判断方法としては、お家の中の全てのお湯が出る水栓で症状が全て一緒なら給湯器の可能性が高く、症状の良し悪し(キッチンはマシだけどお風呂は顕著にぬるいなど)がある場合は給湯器以外の可能性が高いです。

 

お風呂のお湯がぬるい

「お風呂のお湯が設定温度通りに沸かない」場合は、まず循環フィルターをチェック

「給湯は正常だけど、お風呂だけが設定温度通りに沸かない」という場合は、基本的に給湯器外に原因があることが多いです。それも「動くことは動くことは動くけど、少ししたら止まってしまう」という場合は、循環金具や循環フィルター、追い炊き配管の詰まり等が原因であることが多いですね。

単純なところで言えば、お風呂のお湯が出てくるところのフィルターが斜めに嵌まっていたり、あるいは汚れがびっしり詰まっている場合などは、給湯器で温めたお湯が浴槽に流れる前にフィルターに遮られてしまい、そのまま給湯器に戻ってしまうという現象が起こります。

給湯器は浴槽から戻ってきた温度をみて沸き上がったかどうかを判断しているので、温めたものがそのまま戻ってきたら沸き上がったと判断して止まってしまうというわけです。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー番号がないときの修理依頼は状況説明を細かく

エラー番号があれば、修理依頼の際にエラー番号を伝えてもらえれば「大まかな不具合の内容」がわかるので、事前に部品などを用意することができるのですが、エラー番号がない場合はなるべく細かい情報を伝えておくと、即日修理できる可能性が高くなります。

例えば「お湯がでない。蛇口を開けても水しか出てこない」という依頼内容と「リモコンの電源は入るがいつまで経っても蛇口からお湯が出てこない。機械も全く動いている様子がない」という依頼内容では、この段階で故障個所の絞れる範囲が大きく変わってくるんです。

修理依頼の段階でお客さんの言うことを全て鵜呑みにするということはありませんが、ある程度の予測が出来れば事前準備ができますし、何も情報が無いのであれば事前準備は最低限にして「まずは現場を見てから」となってしまうことも多いでしょう。

お湯が全く使えないのであれば、なるべく早く直せるようにしたいので、わずかな情報でも教えてくれると助かります。

 

まとめ

  • 給湯器にはエラーを出さない不具合もある
  • ただしエラーが出ていない場合は、他に原因があることも少なくない

まずは給湯の不具合であれば「どの蛇口でも同じような不具合が生じているのか」が1つの判断基準になります。

お風呂のシャワー水栓などに付いているサーモ(温度調整できるやつ)もよく故障するので、そういう場合は「シャワーはぬるいけど、洗面所とかキッチンは問題ない」というケースが多いですから、そうなってくると給湯器ではなく水栓が怪しいと言えるでしょう。

あとは電話で聞くだけなら料金は掛からないので、修理依頼する前にコンタクトセンターに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-Q&A

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.