使い方

「給湯器の設定温度は低く設定した方が長持ちする」は間違い

更新日:

リンク広告

以前に訪問させていただいたお客さんの中に「設定温度は低くしておいた方が、機械は長持ちするんでしょ?」と言っている方がいました。

その方は普段から、本来使いたい水温よりも2℃低い設定で使用しているそうです。例えば40℃のシャワーが浴びたいと思ったら、38℃設定にしているというカタチですね。

これはハッキリ言って、そんなに高い効果が得られない場合が多いです。以下で詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

なぜ「温度が低い=負担が少ない」と考えるのか

第一に、なぜそのお客さんが「設定温度が低い=機器への負担が少ない」と考えたのか。それは単純に30℃のお湯を作るよりも40℃のお湯を作る方が、機械が頑張って燃えるからというイメージからの考えだと思われます。

確かに30℃のお湯を10分出しっぱなしにするのと40℃のお湯を10分出しっぱなしににするのとでは、機械が生み出すエネルギーも大きく異なってくるので、設定温度が高い方が頑張っていることに変わりはないのですが、実際はそんなに大きい問題というわけでもありません。

 

機械では設定温度以上のお湯を作っている

現在販売されている給湯器のほとんどが、設定温度以上のお湯を作ってからそれに水を混ぜて設定温度にするという方法でお湯を作っています。

40℃に設定しているからといって40℃のお湯を作っているのではなく、70℃くらいのお湯を作ってそれに水を混ぜて設定温度にしているというわけです。

ですので、設定温度が高いからと言って給湯器が頑張って燃えるというわけではありません。そして42℃で使用している家庭と40℃で使用している家庭とで「どちらの給湯器が壊れやすいか」と言っても、設定温度によって機器寿命が変わるという因果関係を示すデータはありませんでした。

 

設定温度よりも点火回数を気にしよう

どうせ気にするのであれば、設定温度よりも点火回数(着火回数)を気にした方がいいです。よく「出し過ぎは良くない」ということでこまめに蛇口を開けたり締めたりしている人がいますが、それは水の節約にはなっても給湯器に対して優しい使い方とは言えません。

給湯器は点火するときに最もエネルギーを使うので、着いたり消えたりを繰り返すことが大きな負担になってしまうと予想できます。

また、給湯器には耐用年数の他に機器寿命を示唆する項目が幾つかあり、そのうちの1つが点火回数となっているので、使用年数が短かったとしても点火回数が一定数を超えていれば機器寿命として説明されることもあるので注意が必要です。

 

まとめ

  • 設定温度が1℃や2℃低くなったところで機器寿命が延びるとは考えにくい
  • どちらかと言えば点火回数に配慮しよう

負担が大きいか少ないかで言えば、設定温度が低い方が機器への負担は少ないというカタチになるのでしょうが、それによって機器寿命が大きく変わるということはありません。

自分の使いたい温度で使用し、少しでも給湯器が燃えているトータル時間を減らすように心掛けるとか、点火回数を経るように心掛ける方が有益と言えるでしょう。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-使い方

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.