Q&A

「給湯器部品の代替品って用意してもらえないんですか?」に答える

投稿日:

リンク広告

給湯器の修理で各家庭を回っていると、どうしても「その日のうちに直せる」と思われてしまっていることがあります。

もちろん修理料金の折り合いがついて、その場で部品を持っているのであればすぐに直すことが多いですが、中にはこのように上手くいくケースばかりではありません。

 

即日修理できないケースとして最も多いのは「部品がない」ということなのですが、人によっては「給湯器部品の代替品って用意してもらえないんですか?」という人もわずかにいらっしゃいます。

そこで今回は、私たちが給湯器部品を持っていない理由、代替部品を用意できない理由、即日修理できない理由について裏事情をお話しします。

スポンサーリンク

アドセンス

持っている部品と持っていない部品

私たちは普段からある程度の部品を持ち歩いていますが、基本的には「よく使用することが多い部品」を厳選して持ち歩いています。

これは当社の勝手な都合なのですが、給湯器の部品は基本的に「当社がメーカーから購入するもの」なので、やはり在庫にならないように配慮する必要があるんですね。

 

そのため滅多に出ない部品は車に積載したりするということがないため、このような部品が壊れた場合は「修理訪問→見積りがOKなら部品注文→部品が届き次第、再訪問」というカタチになることが多いです。

 

一方で、よく出る部品は持ち歩いています。

よく出る部品というのは、言い方を変えると「壊れやすい部品」とも言えるのですが、壊れやすいと表現するよりかは「多くの人が使っている給湯器の安全装置」などがこれに該当しますね。

特に安全装置の場合だと、それ自体の故障で一切のお湯が使えないという状況になってしまうので、割と多くの種類を持ち歩くようにしているというスタッフがほとんどです。

 

そういう意味では基板(リレー)なんかも経年劣化で壊れてしまうことは多いのですが、色んな機械で共通な部品が使用されていることが多い安全装置と違い、リレーは機種によって違う場合があまりにも多いので、持ち歩いていないことも少なくありません。

 

代替部品を用意できない理由

できるなら応急処置をすることも

ちょっとした水漏れなんかの場合に、もし「部品が届くまでに騙し騙しでも使えるようにできる」という場合なら、応急処置費用というカタチで別途費用が発生しますが、お客さんに打診することはあります。

 

しかし今の給湯器は本当に精密な構造になっていて、修理と言えば手直しというよりも部品交換が主流です。

部品が壊れてしまったら部品そのものを交換してやらないと直らないケースが多く、応急処置できないケースが非常に多いんですよね。

 

人によっては「新しい部品が届くまでに使えるようにしてくれるんでしょ?」と簡単におっしゃるのですが、それができたら部品交換をする必要もないわけで…。

決して面倒くさがってとか、意地悪をして応急処置をしないというわけではありません。

 

代替部品を持ち歩くくらいなら新品部品を持ち歩く

応急処置の流れで「代替部品って持ってないの?」ということを聞かれたりもするのですが、基本的には持っていません。

なぜなら「代替部品を持ち歩くくらいなら、最初から正規の部品を持ち歩く」からです。

そして正規の部品を持ち歩くには、在庫管理以外にも様々な問題点があるんですよね。

 

世の中に出回っている給湯器のパターンが2つ3つ程度なら問題ないのですが、実際には数十種類の機種が存在しています。

例えば基板1つにしても数十種類のすべてを車に積んでおくとなれば、かなり大きな車でないと車載することは難しいでしょう。

そして給湯器で使われている部品は基板以外にも数十種類存在するので、それらをすべて持ち歩くとなれば運送業者のトラックでも間に合わないと思います。

 

もちろん車以外に会社の倉庫にも多くの部品は用意しており、実際に毎朝現場に出る前に「今日はこういう内容の現場に修理に行く」という内容が分かっていれば、倉庫にある部品なら車に積んで持って行きますが、現場に出ている際中に修理依頼をいただくこともあります。

そういう場合は会社に戻らずにそのまま現場に向かうので、よほど現場と会社の距離が近いというわけでもなければ、後日に修理訪問というカタチになるでしょう。

 

それに会社の倉庫にある部品についても、在庫問題の観点から「これはいずれ使用するだろう」という部品ばかりなので、あまり壊れることのない部品やあまり出回っていない機種の部品は在庫にしていないというのが現状です。

 

即日修理できない理由

部品が無い

交換が必要な部品が無い場合は、伺ったその日に修理するということはできません。

修理見積もりを出して料金にご納得いただけたら部品注文をし、到着次第また訪問させていただいて修理をするという流れです。

 

部品がない理由は「そもそもそんなに壊れない部品だから持ち歩いていない」というケースもあれば、逆に「前に行った現場で既に使ってしまった」などが考えられます。

安全装置類なんかだと後者が意外と多いですね。

 

依頼元に指示を貰わなくてはならない

あとは即日修理できない理由として「依頼元からの指示を仰がなくてはならない」というケースもあります。

これは、お客さんが給湯器の修理依頼をハウスメーカーなどに電話連絡し、そのハウスメーカーから修理依頼をいただいたという場合です。

 

この場合、修理に伺った私にとってのお客様はハウスメーカーになり、目の前で給湯器が壊れていて困っているお客さんは「お客さんのお客さん」ということになります。

この場合の多くで、私が修理料金の説明をするべきなのはお客さん(ハウスメーカー)になるので、修理の見積もりを出す場合には時間が必要になるケースが多いです。

 

この時、ハウスメーカーの担当者にすぐ話がつけば問題ないのですが、担当者が不在であったり、あるいはハウスメーカー自体が休みだったら、この日のうちに見積もりを出すことはできません。

かと言って「ウチはお客さんに直接ではなくて、ハウスメーカーさんに見積もりを出すんですけど、ハウスメーカーさん休んでるみたいなんで、見積り来るまでちょっと待っててもらってもいいですか?」とは言えないわけです。

 

そういう時に「部品が無い」という嘘を使用したりしますね。

もちろんこの場合に、お客さんから「お金はいくら掛かっても問題ない」という言葉があれば修理できますが、なかなかそういう人はいないでしょう。

参考修理業者が必ずしも修理料金を決めているわけではないという実態

 

自分で修理したいという場合

ちなみに「給湯器の修理って素人でもできますか?」ということを聞かれたりもします。

手先が器用で、それなりの知識があるなら部品交換くらいはできるでしょう。

修理は「どこが悪いかを診断するのが1番難しい部分」なので、部品交換そのものにそこまでのスキルが要らないことも珍しくないんですね。

 

しかし、今は給湯器の部品が「メーカーサービスにしか供給できない」という規則があるので、自分で代替部品を取り寄せるということは難しいのではないかと思います。

設備屋さんなら裏ルートを使って仕入れることもできるのかもしれませんが、これまではお客さんから「自分自身で部品を交換するから、部品だけ売って欲しい」という要望に応えていたのに対し、最近は当社ではこれを断っているので、代替部品を手に入れるということは難しいでしょう。

 

まとめ

給湯器を即日修理できない理由は「部品が無い」というものが大多数

部品がない理由は様々であるが、代替品を用意するのも現実的には厳しい

ユーザー自身で部品交換するというのも今は正規ルートでは不可能

もし「自分自身で修理したいから、部品だけ欲しい」という場合は、メーカーではなく別の業者にお願いした方がいいかもしれません。

少なくとも当社では「お客さん及び設備屋に対して部品販売はしないように」と指導されているので、正規ルートで部品の代替品を入手するのは難しいでしょう。

万が一、その交換作業で二次被害等があった場合は被害が拡大するだけなので、できれば我々プロにお任せいただけたらと思います。

アドセンス

アドセンス

-Q&A

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2018 All Rights Reserved.