エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー920、930について

更新日:

リンク広告

 

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器、暖房機)のエラー920、930について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

E-920:中和器不具合(警告)

E-930:中和器不具合(機器停止)

 

上記エラーはどちらも中和器と呼ばれる、高効率タイプ(エコタイプ)のボイラーに付いている部品で、給湯器の部品としては珍しい消耗部品のような立ち位置にある部品です。

一昔前のシンプルな機械と違って、最近の機械は寿命が短くなってきていますが、その中でも「一定の使用期間で必ず交換が必要になる部品」としては給湯器の部品の中でも異例で、それを知らずに使用しているお客さんも多いのではないかと思います。

エラー920の時点では、エラー表示を出しながらも普通にお湯が使えます。この状態で一定時間が経過すると、エラーの番号が930に変わり、お湯が全く使えなくなってしまうので注意が必要です。

 

考えられる不具合の内容

中和器寿命

中和器、基板の不具合

 

5年以上の年数が経過している場合は中和器寿命の可能性が高く、取り付けて間もない場合などは別の原因も考えられます。基板が悪くてE-920を出しているというパターンも見たことがありますね。

しかし多くの場合で「中和器が寿命を迎えただけ」なので、そこまで大きい問題であることの方が珍しいです。

 

対処方法

お客様自身で対応できることはありません。取付後間もない場合は、取付してくれた施工店に電話相談し、年数が経っている場合は修理依頼をしてください。

ちなみに給湯器が寿命を迎えている場合は、E-920を出しながらも通常通り使用できるのが厄介で、これがある時E-930に変わって急に使えなくなります。

 

いわばE-920はイエローカード状態で、その時点で「エラー出てるけど普通に使えるし…そのうち業者に電話しよう」と考えてズルズルいくと、そのエラーが930に変わって使えなくなってから慌てて困るという事態に発展しかねません。

何時間使用できるかについては社外秘の可能性があるので伏せますが、あぐらをかいていると寝首をかかれる危険性のあるタイムリミットと言えるでしょう。早急に修理依頼することをおすすめします。

 

修理金額の目安

中和器寿命によるE-920、E-930であれば、部品代・出張料・作業料全部込みで15000円程度です。

スポンサーリンク

アドセンス

中和器交換に関するクレーム

 

エコジョーズのデメリットとして挙がるのが「中和器の存在」ですが、燃費が良くて出費が抑えられるという一点でエコ給湯器に買い替えたというお客さんからすると、中和器の交換が必要になるというのはクレームに繋がりやすい事案です。

よく「エコタイプの給湯器に、そんな消耗部品みたいなのが付いているとは聞いていなかった!」というクレームを言われるケースがありますが、それは恐らく説明書に書かれていたんじゃないかと思います(未確認)。もし仮に書かれていなかったとしても、そのクレームによって無償修理になったという事例は聞いたことがありません。

 

これを言うお客さんは大抵「燃費がいいということだけを言って大事なことを説明していないんだから、タダで直せ」ということを言いたいのだと思うのですが、それが通用するのはメーカーサービスで取り付けてもらった場合だけですし、それでも結構厳しいと思います。

それからメーカー独自の保証延長に加入している場合についても、中和器の交換は例外として扱われることがほとんどです。

 

最後に

中和器の寿命は稼働時間によって変わってくるので、早いお家だと5年前後で発生するのではないかと思います。

とりあえず、これが出たからと言って直ちに本体を交換しなくてはならないというような重大なエラーであるケースはほとんどありませんので、安心してください。

 

ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.