ノーリツ製ボイラー(給湯器)のE200|給湯残火安全装置作動

ノーリツ製ボイラー(給湯器)のE200|給湯残火安全装置作動

 

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー200について考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

暖房ボイラーに搭載されている残火安全装置が作動した場合はE203となります。

目次

ノーリツ製ボイラー(給湯器)E710エラー内容

E-200:給湯残火安全装置作動

E-203:暖房空だき安全装置作動

 

熱に反応して作動するタイプの安全装置です。主に熱交換器やバーナー等の熱くなる部品に取り付けられており、対象の部品が異常に熱を持った場合に作動します。

かつては空焚きを防止する目的で搭載されていましたが、今の給湯器は残火安全装置以外にも空焚きを防止する機能が搭載されているため、現在は「熱交換器が詰まっている時などに作動する安全装置」という意味合いが強いです。

自然復旧するタイプもあれば、1度作動してしまうと交換せざるをえないタイプもあり、それらは機種によって異なります。修理伝票には残火安全装置ではなく「ハイリミット」と書かれることが多いです。

 

E200が表示された時に考えられる不具合の内容

ハイリミット不具合

熱交換器詰まり、バーナー詰まり

 

残火安全装置をハイリミットと呼びますが、ハイリミット自体が悪くてE200を出している場合もあれば、熱交換器の詰まりが過剰に熱を持ち、危険な状態を察知して作動(正常動作)という場合もあります。

風呂釜(バランス釜)では浴槽が空の状態で追い炊きしてしまうと、もれなくこのハイリミットが作動してしまって、新しく部品交換するまで使用不可になります。この場合はヒューマンエラー(使用ミス)が原因となり、保証期間内でも有償修理となります。

ただし最近の給湯器や暖房機は、シンプルなバランス釜とは違って空焚きさせるのが難しい作りになっているので、給湯器や暖房機でE200が出た場合はハイリミットそのものの不具合か熱交換器の詰まり、あるいは基盤の不具合のどれかの可能性が非常に高いです。

 

E200が表示された時の対処方法

このエラーに関してはユーザー自身で対応できることはありませんので、直ちに修理業者を手配してください。

また、もし風呂釜(バランス釜)をお使いの場合に限っては「空焚きしてしまったか否か」について、修理依頼する際の電話で伝えておくと修理業者が助かるかもしれません(空焚きしたことが原因だとわかれば、十中八九ハイリミットの交換だけで済むため)。

電源の入り切りで復旧することは考えにくいですが、その場合は接触不良の可能性があります。その一部で「水漏れなどによってハイリミットのコネクタ線が腐食している」という可能性が出てくるので、いずれにしても早急に修理依頼することをおすすめします。

 

E200の修理金額の目安

ハイリミットだけの問題であれば、どんなに高くても10000円~15000円程度です。部品代は1000円しない種類が多く、そこに10000円弱の作業料と出張料が乗っかるのが通常修理になります。

熱交換器の詰まりが原因の場合だと、最低でも熱交換器+安全装置類。そしてその熱交換器が詰まった原因が燃焼不具合だとすれば、バーナーや燃焼部品の交換も必要になり、この場合は高額修理になります。

 

[st-midasibox title=”おすすめ関連記事” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

[/st-midasibox]

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

給湯器や暖房機、ガスコンロ、IH、システムバス、システムキッチンなどなど。住宅設備を修理したり取付する仕事をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる