不具合

「給湯器がうるさい!」と感じる時の不具合の内容・原因とは?

投稿日:

リンク広告

給湯器には燃焼音がうるさいものとそうでないものがあります。

さらに言うなら、燃焼音以外にも音を出す部品は幾つか考えられますし、最初からうるさいと感じていたわけでなければ経年劣化によって騒音が大きくなっているという可能性も。

お家の中に設置されている給湯器であれば「お風呂に入っている時にうるさくて仕方ない」という悩みが出てくることもあるでしょう。外置きの機械ならご近所さんから苦情を言われてしまうかもしれませんね。

ここでは給湯器がうるさくなってしまう原因について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ガス給湯器<石油給湯器

「ガス給湯器と石油給湯器ってどっちがいいの?」と悩む人は少なくありませんが、燃焼音に関して言えばガス給湯器の方が静かです。

石油給湯器も壁掛けタイプであれば気化式バーナーというのを採用していて、液体燃料の石油をガス状にして燃焼させるタイプが主流となっています。

これは石油をそのまま(液体のまま)燃やすよりも、ガス状にした方が音を抑えられるからそうしているわけですが、ガスなら最初から気体なのでその手間がないということを意味しています。

なので「燃焼音が静かな物がいい!」という人で、特に石油機器にこだわりがないという人であれば、ガス給湯器を選ぶのが無難でしょう。

 

音を出す部品について

「給湯器がうるさい!」と一口に言っても、なにがどううるさいのかは見てみないとわかりません。給湯器内の部品でも音を出すと考えられる部品が複数存在します。

内容によっては、危険とまでは言いませんが「使ったことによって故障の範囲を広げてしまう可能性」があるので、該当する症状について以下から情報を拾ってみてください。

 

燃焼音がうるさい

給湯器の燃えている音がうるさいという場合です。お湯を使おうとした際にバーナーから出る音を指すことが多いです。

石油給湯器が経年劣化してくると散見される症状ですが、気化式バーナーが採用されている石油給湯器やガス給湯器の場合だとバーナーの経年劣化や缶体閉塞などが疑われます。

主に故障前の前兆であったり、燃焼状態が良くないことを示す前兆であることが多く、直ちに使用できなくなってしまうような不具合の場合はエラー番号を伴うことが多いので、早急に点検を受けることで大きな不具合に発展するのを防げるケースも少なくありません。

 

釜鳴がうるさい

前項の「燃焼音がうるさい」と状況は似ていますが、こちらは燃えている音ではなく、熱交換器が発している音になります。

音が鳴り出すタイミングはバーナーと一緒で、火が付いている際中です。音の種類としてはケースバイケースですが、電車が走るような音だったり、やかんが鳴るような音だったりもします。

熱交換器が内部で詰まっている可能性などが考えられますが、新品の状態でも確認されるケースが多く、バーナーが原因の燃焼不具合と比べると毎日鳴るというわけでもないことが多いです。

「釜鳴がする」と言われて修理訪問するも、音が鳴らずに原因が特定できないということも多いので、再現したり再現しなかったりの厄介な不具合ですが、エラーが出ていない限りは危険ということはありません。

 

ファンモーターがうるさい

ファンモーターとは、給湯器内に付いている扇風機のような部品です。異音や「音がうるさい」系の修理依頼で1番多いのはコイツになります。

ファンモーターはお湯の蛇口を開けた瞬間に動き出す部品なので、火がつく前から音を発しますから、すぐに分かると思います。症状が出たり出なかったりということも少ないです。

音の種類としては「ブーン」とか「ブオーン」とか、とにかく様々ですが「扇風機のようなものが回っているところに負荷を掛けたらこんな音がするんじゃないか?」と思えるような音であれば、ファンモーターの可能性が高いのではないかと思います。

虫が大量に詰まっていたり、コウモリや鳥が煙突を通って侵入してくることもあり、部品の劣化以外にも外部的な要因で音を出すケースも。

多くの場合はそのまま使用しても事故に繋がるということはありませんが、エラーが出ている場合などは早急に点検を受けることをオススメします。

【関連記事】

ガス給湯器から聞こえるブーンという音は不具合の前兆の可能性あり

スポンサーリンク

アドセンス

循環ポンプがうるさい

こちらも何かが回っているような音ではありますが、ファンモーターの出す異音と比べると重低音だったり、キュルキュル音であることが多いです。

ふろ機能付きならふろ循環ポンプ、暖房機能付きなら暖房ポンプ。ふろ機能と暖房機能の両方を持った機械であれば、どのタイミングで音を出しているのかが重要になります。

エラーや水漏れなどを伴っていない場合は、大きな不具合に繋がることもほとんどなく、異音の中では症状が軽い不具合であることが多いです。

 

電磁ポンプがうるさい

石油給湯器で灯油を切らしてしまった場合などに多く見られる症状です。灯油を切らしていなければ、単純に干渉しているだけかもしれません。

電磁ポンプは振動しながら動くので、その振動が機器の側に伝わって音を出してしまうことがあります。ビスが緩んで音を出してしまうこともありますし、電磁ポンプが経年劣化している可能性も。

音としてはビー音が多く、イメージとしてはスマホや携帯電話のバイブレーションを給湯器本体に押し付けたときのような音です。

大きな不具合に発展してしまう可能性は低いと思いますが、電磁ポンプが故障してしまう前兆だった場合、完全に壊れてしまったら点火できなくなるので注意が必要です。

 

風が強い日など一時的な可能性も

音の中には「風が強い日に一時的に音がうるさかっただけ」というケースもあります。

この原因の多くは、排気筒から入ってきた風がファンモータに負荷をかけたケースが多いのですが、その時に不安を感じたお客さんが修理依頼をし、後日伺ってもその症状が全くでないということがあるんです。

基本的に給湯器に何かしらの不具合が出ている場合は、絶対とは言わないまでも割と頻繁にその症状がでます。

「少しでも早く不安を解消したい!」という気持ちは分かりますが、我々も修理訪問したときにその症状が確認できないとどう対応すればいいのか分からないこともあるので、様子を見てみるという選択肢も有効な場合も多いです。

 

まとめ

  • 給湯器がうるさい場合は、故障の前兆や経年劣化であることが多い
  • あまりにも再現性が低いのであれば、様子見も1つの手段

騙し騙し使った結果、本来であれば簡単に直ったものが結果的に大規模な修理に繋がってしまうということは十分にあり得る話ですが、異音に関しては再現性が低いケースも多く、私たちにとっても修理が難しいことも少なくありません。

エラー番号を伴っているのであれば早めの対応をオススメしますが、それ以外で「一ヶ月に数回うるさいと感じることがある」程度であれば、様子見するのも1つではないかと思います。

あとはバーナーの音だと不安かもしれませんが、おふろポンプの音だと分かれば安心できるという部分もあると思うので、この記事を参考にご自身の給湯器から発されている音がなんの音なのかを調べてみてください。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-不具合

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.