不具合

ガス給湯器から聞こえるブーンという音は不具合の前兆の可能性あり

更新日:

リンク広告

よく「給湯器の音が高くなった」「給湯器の燃焼音が気になる」という依頼を受けることがあります。

そして中でも「ブーン」「ブオーン」などの擬音語で例えられるような音の場合、そのような音を発生する部品は限られてきます。

 

石油給湯器はともかく、今のガス給湯器は非常に燃焼音が静かなので、お客さん自身が「以前よりもうるさくなった気がする」と感じた場合は、何かしらの前兆であることが多いです。

今回は「ブーン」というような音に注目して、その不具合として考えられる部分を簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

音を出す部品の例

バーナー:燃焼音

熱交換器:釜鳴り

電磁ポンプ:干渉音

ファンモーター:回転音、重低音

リレー:スイッチ音、カチカチ音

循環ポンプ:回転音、重低音

音を出す部品として考えられやすいのは上記の6点です。

そして今回のテーマであるブーンという音は回転音と予想されるので、ファンモーターか循環ポンプである可能性が高いです。

 

石油給湯器の場合は電磁ポンプということも考えられますが、音が鳴っているときに給湯器の本体外側を手で触ってみて、音が落ち着くようであれば電磁ポンプの可能性もあります。

 

ただし、この場合はどちらかと言うとバチバチ音(固い何かがぶつかるような音)だと思うので、ブーンという回転音は十中八九ファンモーターか循環ポンプという見解で問題ないでしょう。

 

何をした時に音が発生するか

音の種類もそうなのですが、実はそれと同じくらい「何をしたときにその音が鳴るか」というのが重要です。

例えば、ふろ循環ポンプの音が気になる場合というのは「湯張りをしているとき」や「追い炊きをしているとき」など、お風呂に関係する作業をしている場合だけという特徴があります。

(稀に通電するだけで音が鳴るケースや、暖房機能が付いている給湯器の場合は暖房を使用している時に音が鳴ることも考えられます)

 

一方でファンモーターの場合は、火が着くときは例外なく動作するので、お湯の蛇口を開いただけでも音が鳴る場合がほとんどです。

給湯器の動作としては蛇口を開けると水流を検知し、そこで初めて燃焼動作に入ります。

 

火がつく前に前回動作した時のガスが残っていると上手くないので、まずはファンモーターが動き、もし残っているガスがあったら排出してから点火するという流れです。

そのため、一瞬だけ蛇口を開けてその直後に音がうるさくなるようなら、間違いなくファンモーターだと考えていいでしょう。

 

エラーは出ていないか

全部が全部ではありませんが、ファンモーターが悪い場合の多くはエラー番号を伴います。

もしエラーが出ているのであれば、ファンモーターが悪いせいで音がうるさいのか、それともファンモーターが悪いことの他に燃焼状態まで悪化しているのかどうかなど、修理をする人間がヒントを得られるようになります。

 

もしエラーが出ているという場合は、修理依頼をする際に業者にしっかりとエラー番号を告げることで、即日修理完了する可能性が高められるので、ぜひチェックしてみてください。

参考ノーリツ製の給湯器・ボイラー・暖房機のエラーコード一覧まとめ

スポンサーリンク

アドセンス

ブーン音の原因で考えられるもの

ファンモーター詰まり

意外と多いのがファンモーター詰まりです。

それも夏場、アパートやマンションの2F~5Fくらいにお住いの場合で特に多いのが、ファンモータに虫が詰まっている場合です。

 

ファンモーターというのは、燃焼に必要な酸素を送るためのプロペラのような部品なのですが、見た目はカタツムリのようなカタチをしており、これが詰まっているせいで燃焼に必要な空気が供給できずに、燃焼音がうるさくなっているケースが少なくありません。

 

セミなどの大きさがある虫なら、ファンモーターの中であちこちに動いて音を発生させているケースも考えられます。

イメージ的には、ハムスターの遊具でカラカラやるアレみたいな感じです。

 

ひどいケースだと鳥とかコウモリが入ってくることもあり、その時の音は「爆発するんじゃないか?」と感じるほど大きい音がすることも少なくありません(ちなみにこれが原因で爆発することはないです)。

その場合の多くは、給湯器の煙突に付いている網が破損していることが予想されるので、煙突の交換作業などが必要になるかもしれません。

 

ふろ循環ポンプ詰まり

ふろ循環ポンプが詰まっている場合も回転音や重低音が響くことがありますが、これはファンモーターに比べると低く唸るような音であることが多いです。

 

爆発するんじゃないかと感じるような音が発生することはほとんどありませんし、ブーンという音よりはキュルキュル音などの方が多い傾向にあります。

 

多くの場合は追い炊きや風呂自動など、お風呂関連の動作をしたときのみ音が発生する場合が多いので、この場合に通常の給湯を使用する場合は問題ありません。

 

異音は故障の前兆であることが多い

基本的に異音は故障の前兆であることが多く、この段階で修理すれば部品交換ではなくて軽い調整だけで直る可能性があるという感じです。

 

よく「怖くて使えない」というお客さんがいますが、確かに「調整で済んだかもしれない部品が完全に壊れてしまった」となる可能性を考えたら、使わないに越したことはありません。

 

しかし、この音が原因で給湯器が爆発したり、火を噴いたりするなどの危険な事故に繋がることはまずありませんので安心してください。

今の給湯器には過剰なくらいの安全装置が取り付けられていて、危険な状態の3歩前には完全に動作しないように設計されています。

 

まとめ

使わないに越したことはないが、お湯が出るうちは使用しても危険ということはない

修理費用がかさんでしまう可能性が考えられるので、無理に使用することはオススメしませんが、どうしても使わなきゃいけないという場合に、もし使ったとしてもそれが原因で火事になったり危険な目に遭ったりということはまずありません。

 

できるだけ早くプロに点検してもらうのが理想ですが、時期によってはすぐに点検してもらえるとは限らないので、騙し騙し使ってみるのも1つだと思います。

アドセンス

アドセンス

-不具合

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2018 All Rights Reserved.