エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー760について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー760について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

  • E760:リモコン伝送異常

リモコンと電装基板の間でうまく連携が取れていない時に出るエラーです。

ただし、リモコンや基板が悪くなった場合は全く映らなくなることもあり、必ずしもこのエラーが表示されるとは限りません。

 

考えられる不具合の内容

  • 基板、リモコン本体の不具合
  • リモコン線の不具合

基板の故障も無くはないですが、やはり多いのはリモコン本体の不具合です。

追い炊き機能の付いている給湯器であれば、台所とお風呂場にリモコンがそれぞれ付いていますが、そのうちのどちらか、あるいは両方に不具合が起きている可能性があります。

また、外置きの機械であればリモコン線が端子台で腐食しているケースが非常に多く、この場合はすんなり直ることが多いです。

いずれにしても、エラーを出さずに同様の症状が発生することも多いので、危険が伴うエラーではありません。

 

対処方法

少しでも電気関係に詳しい人であれば、リモコン線が端子台で腐食しているだけなら簡単に直せるのではないかと思います。

リモコンは電池で動いているのではなく、給湯器本体と線で繋がっています。

その線は給湯器本体から出てお家の中に入り、床下や壁を伝って台所やお風呂のリモコンに繋がっているのですが、その給湯器とリモコンの間のどこかで線が腐食している、あるいは「断線しそうでしていない箇所」があることが多いです(完全に断線していたらエラーを出すこともないため)。

そして屋内タイプの機械だと判断が難しいのですが、外置きタイプの給湯器であれば端子台で腐食しているケースが非常に多く、この場合は腐食している部分を取り除いて新しく被覆を剥き直して接続するだけで直ります。

端子台は据置型なら機械の横、壁掛け型なら本体下部に設けられていることが多いですが、機種によっては基板部分に設けられていることもあり、一概にどこにあるかは決まっていません。

極性はなく、ただの二芯線なので腐食部分を切り落として新しく接続し直すといいでしょう。

ただしショートさせてしまうと、ただのリモコン線腐食が基板不具合やリモコン故障に繋がりかねないので、自信のない人はプロに依頼するのが無難です(やる場合は自己責任でお願いします)。

 

修理金額の目安

リモコン線の腐食程度であれば10000円以内で収まりますし、リモコンの故障であればそれぞれ20000円~30000円程度になるでしょう。

ただし台所リモコンが故障していた場合、あるいはお風呂リモコンが故障していた場合は、そこだけ交換しても「次にもう片方が壊れる可能性」が付いて回るので、年数によっては修理しないという選択肢を持ってもいいと思います。

片方のリモコンが壊れただけなら、壊れたリモコンを完全に取り外せば通常通り使用できることが多いですし、ちょっと利便性は落ちますがそこは修理金額と天秤にかけてみては?

 

最後に

私の経験上、外置きの給湯器なら多くがリモコン線の腐食です。

もちろんリモコンが壊れている可能性もありますが、もし年数が経っている給湯器なら、片方のリモコンは諦めてもう片方だけで使うという選択肢でもいいと思いますよ。

 

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.