エラー番号別

ノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー562について

更新日:

リンク広告

このページではノーリツ製ボイラー(給湯器)のエラー562について、考えられる内容を解説していきます。

ここで紹介する事例はあくまで「このような内容であることが考えられる」というものであり、絶対にそうだというわけではありませんのでご了承ください。

また、機器内部の水漏れが原因で部品およびその周辺の電装部などを腐食させている場合は、何のエラーが出てもおかしくないため、これについては説明を割愛しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エラー内容

E-562:風呂自動注湯流量異常

お風呂にお湯を張るためのセンサー異常で、ここで検出される数値が異常だと判断された場合に出るエラーです。

基本的にはあまり深刻でないケースが多く、多くの場合で「給湯や追い炊きは普通に使えるけど、お湯張りだけができない」という症状であることが多いです。

 

考えられる不具合の内容

断水

給湯配管の凍結、詰まり

注湯水量センサ(注湯電磁弁)、基盤の不具合

注湯電磁弁という部品は普段は閉まっていて、お湯張りをするときにだけ開くタイプの部品です。

そのため「開く=水が流れてくるのでそれをセンサーで拾う」ということをしているのですが、電磁弁が開いているのに水流を検知できない場合にエラーを出します。

多くのケースでは「電磁弁に電圧が掛からない/電磁弁に電圧は掛かっているが開かない」という部品そのものに原因がありますが、そうでなく一時的にエラーを出す場合もあります。

 

分かりやすい部分で言えば、近くで水道工事が行われていて断水状態だとか、冬の雪国の場合は「水道管が凍結していてお湯張りできない」という可能性も。

あとはセンサー自体は正常でも、注湯電磁弁のフィルターに錆やゴミが詰まっている場合などもあります。

 

対処方法

断水状態であれば、工事が終わるまで待ちましょう。

凍結状態であれば、暖かくなるまで待ちましょう…というのは冗談で、もし寒波のすごい日に「家の中にある全てのお湯の蛇口から水(液体)が何も出てこない」という症状で給湯器本体が外に設置されているのであれば、ほぼ間違いなく凍結です。

 

逆に「蛇口からお湯はでるけど、風呂自動を押すとE-412で追い炊きするとE-632」という場合だと風呂配管だけが凍結している可能性があります。

このような場合は、暖かくなるまで待つのが最も利口な方法で、あとは手動で普段より熱めのお湯を浴槽に溜めて、そのお湯が冷める前にお風呂を済ませるという方法がおすすめです。

上手くいけば浴槽含め浴室内の温度が上がることで配管の凍結部分に熱が伝わり、凍結が改善するかもしれません。

浴室乾燥機があるなら作動させたり、脱衣所に簡易ストーブを置いて浴室全体を温めてやると、ふろ配管の凍結が改善しやすくなるかも。

 

修理金額の目安

注湯電磁弁と注湯水量センサは基本的にはセットで交換することが多いですが、注湯電磁弁の交換だと全部込みで20000~25000円程度です(注湯水量センサだけならもう少し安くなる)。

あとは断水、あるいは凍結なんかで呼ばれた場合は「給湯器外に原因がある不具合」という診断になり、我々にはどうすることもできずに出張点検料が発生する場合があります(お客様からは「直してないのにお金が掛かるの!?」と言われることがあります)。

いずれにしても危険なエラーではないので、様子見することで無駄な出費を抑えられる可能性が高いエラーの1つです。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-エラー番号別

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.