暖房ボイラー

「ルームヒーターから風が出ない」という症状で考えられる原因とは?

更新日:

リンク広告

冬になると多い不具合の中に「ルームヒーターから風が出ない/風が来ない」というものがあります。

ルームヒーターと呼ばれるものには様々な種類がありますが、基本的に「温かい風が出ない」という場合に疑わしい部分は、非常に限られてくるんですよね。

このページでは「ファンヒーターやファンコンベクターから暖かい風が出ないという時に考えられる不具合の内容」について、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ここで言うルームヒーターとは?

ここで取り上げているルームヒーターとは、熱源機に暖房ボイラーがあり、温風を出すタイプのヒーターを指します。

上記画像のようなタイプの温水コンセント型のファンコンや、壁に取り付けられていて動かせないバーチカルタイプなど様々ですが、基本的には「暖房ボイラーかと連動していて、温風が出るタイプのヒーター」と思ってください。

決して「灯油を入れて動かすストーブタイプのヒーター」ではありません。

 

風が出ない場合にチェックしたいこと

暖房ボイラー及びルームヒーターの電源は入っているか

「馬鹿にしないで欲しい」と思うかもしれませんが、意外と「コンセントプラグが抜けていた/温水コンセントが抜けていた」という初歩的なミスは少なくありません。

まずは「ちゃんと動作する環境にあるかどうか」という意味で、電源と温水の両方のコンセントを確認してください。

 

使用しているお家の環境によっては「暖房ボイラーの電源とルームヒーターの電源が連動しているパターン」があり、暖房ボイラーの電源を入れなくてもルームヒーターの電源を入れれば暖房ボイラーも連動して動作する環境になっている場合があります。

このような場合でも「普段のようにルームヒーターだけの電源を入れたら動かないが、暖房ボイラーの電源も入れたら動くようになる」というケースがあるので、併せて確認することをおすすめします。

 

もしこのような症状の場合は、連動させるための線に不具合が生じている可能性が高いです。

温水コンセント部分の接触不良、E-CON線の腐食などが考えられますが、線の腐食だとすれば「どこで腐食しているか」によって修繕費用は大きく変わってくるでしょう。

手で簡単に手直しできる部分であれば、出張料込みで1万円以内で直せるパターンも。

 

ルームヒーターそのものから熱気を感じるか

ルームヒーターそのものの仕組みとしては「暖房ボイラーで温められた熱い循環液が流れ込み、その熱気を扇風機のようなもので送る」という単純なものです。

そのため基本的な動作をしていれば、風は来なくても熱気は感じるということになります。

この場合は、普段風が出てくる場所に手をかざせば、温かみを感じるはずです。

もしそうなら、暖房機からルームヒーターの熱交換器までの間に不具合は無い可能性が高く、単に扇風機のプロペラのようなものが回ってないだけという可能性も。

 

このような場合は、単純にモーターに不具合が出ている場合もありますし、基板の不具合が原因でモーターが動かない場合など様々です。

意外と多いのは「小さいお子さんが小さいおもちゃのような物を突っ込んでいて、それが引っ掛かってプロペラが回れない」というパターンですね。

 

いずれにしても、プロペラが回れていないだけという場合は、そこまでの高額修理になる可能性は極めて低いでしょう。

 

熱気を一切感じない

一方で熱気を一切感じないという場合は、少し厄介かもしれません。

もしルームヒーターを複数台所有していて、動かないのが1台だという場合であれば、高い確率で「そのルームヒーターの内部に、温められた循環液が流れ込んでいない」ことが原因の可能性が高いので、熱動弁などの温水通路部に不具合が出ていることが考えられます。

 

最悪のケースは「不凍液が劣化していて、熱交換器に詰まりが生じている」という場合です。

この場合は、詰まってしまっている熱交換器の交換だけでなく、不凍液そのものの交換もしてやらないと再発してしまう可能性も残るので、修理費用も高くなってしまう可能性が高いでしょう。

 

コンセント式のルームヒーターを複数台所有している場合は…

ルームヒーターが1台しかない場合や、壁に固定されていて動かせないバーチカルタイプの場合は仕方ないのですが、もし温水コンセント式のルームヒーターを複数台所有している場合は「動かないルームヒーターを別の場所に移した時に稼働するかどうか/動かないルームヒーターの位置に別のルームーヒーターを持ってきたら動くかどうか」で、1つの診断をすることができます。

 

この時、場所を入れ替えても症状が変わらないならルームヒーターそのものに問題が生じている可能性が高くなりますし、移動して改善するのであればルームヒーターに問題はなく、その設置箇所に問題が生じている可能性が高いです。

 

どちらかと言うと、ルームヒーターそのものの修理費用はあまり高額にならない傾向が高いので、特定のルームヒーターが故障しているという状況なら、1番被害が少ないパターンかもしれません。

 

風が弱いという場合は…

ちなみに「風が全く出ないのではなく、なんか弱い(気がする)」という場合は、フィルターを掃除してみるのも1つです。

フィルターの掃除方法については取り扱い説明書にも記載されていますし、冬場に動作する機械ということで、埃を吸いやすいという背景もあります。

 

「あまりにも風が弱すぎる」という場合は、フィルターだけが原因である可能性はほとんどないとは思いますが、修理依頼をする前に自分で確認しておきたい部分では外せない項目なので、まずはフィルターの掃除を行ってみてはいかがでしょうか?

参考ルームヒーターからの風が弱いという場合はフィルターをチェック!!

 

まとめ

コンセントや電源プラグが差さっているかどうかを再確認しよう

ルームヒーターそのものが温まっているなら、最悪のケースは無さそう

ルームヒーターから一切の熱気を感じない場合は、循環液が回っていない可能性大

暖房ボイラーの修理となると青天井ですが、ルームヒーターの故障でそこまでの高額修理になるケースはそこまでありません。

風が出ないというケースで、ルームヒーターそのものから熱が感じられる場合も、大きな不具合である可能性は低いと言っていいでしょう。

 

実際に見てみないと何とも言えない部分はありますが、もし「熱は感じられるけど風がこない」という場合で、小さなお子様がいらっしゃるというご家庭の場合は、何か突っかかるような物を入れていないか等チェックしてみてください。

アドセンス

アドセンス

関連記事

-暖房ボイラー

Copyright© プロが教える住宅設備のあれこれ , 2020 All Rights Reserved.